2014年08月04日

よみうりカルチャー柏 作品展示・販売会


よみうりカルチャー柏 作品展示・販売会
■会期:8月9日(土)・10日(日)
■会場:そごう柏店 10階=催し会場
※各日午後6時閉場となります。

詳細はこちら・よみうりカルチャー柏 作品展示・販売会

よみうりカルチャー柏の講師・受講者による作品を
多数展示・販売いたします。
日ごろの講習で学んだ成果をどうぞご覧ください。
一部展示ブースでは気軽にご参加いただける体験会を
開催いたします。

mishima-ajisai022.jpg





posted by 丸山 陶李 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2014年06月22日

柿の蔕茶碗

6月に窯出しした作品の中から、
「柿の蔕茶碗」の一つを紹介します。

kakinohetachawan051s.jpg

こちらは、梅の実を添えた別の「柿の蔕茶碗」です。

kakinoheta047s480.jpg

今日、ご近所の方から、たくさん花を頂戴しました。
刷毛目茶碗の周りに、
窯出しした「粽掛け花入れ」に頂戴した花々を投げ入れて、
しばし花天国


hanabana122.jpg

梅雨明けも間近でしょうか。。。


posted by 丸山 陶李 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品

2014年03月26日

利休忌

「利休忌」といえば菜の花ですが、菜の花が見当たらない。
庭の桜を一枝たおって。

【桜始開】
第十一候 さくら はじめて ひらく

rikyuuki.jpg


posted by 丸山 陶李 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2014年03月11日

黒澤明監督のメッセージ

suisya.jpg

Published on Sep 20, 2013
黒澤監督の直筆ノート(1985〜86年)


人間は間違いばかり起しているのに、
これだけは絶対間違いは起さないなんて
どうして云えるだろう。
それも、もし間違ったらおしまいだと云うのに、
どうしてそんな事が云えるんだろう。

高い木に登って、自分のまたがってる木の枝を
一生懸命切っている阿呆に似ているね。

猿は火を使わない。
火は自分達の手に負えない事を知ってるからだ。
ところが、人間は核を使い出した。
それが、自分達の手に負えないとは考えないらしい。
火山の爆発が手に負えないのわかっているのに
原子力発電所の爆発ならなんとかなると思ってるのは
どうかと思うね。

「原発は安全だ」
「危険なのは操作のミスで原発そのものに危険はない」
「絶対ミスは犯さないから問題はない」
ってぬかした奴等許せない。

原子力発電が安全だなんて云っていた奴等は、
今、どうしてやがるんだろう。
そいつ等の顔が見たいね、全く!

★没後15年、黒澤明監督のメッセージ
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/feature/detail.php?news_id=35321&y_m=13-09 (YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=1BtNWZ9Q-20&feature=player_detailpage&list=PLC236676654E280B9
(TV朝日 報道ステーション)

35321.jpg
o
posted by 丸山 陶李 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を

2014年01月01日

初春のお慶びを申し上げます。

初春のお慶びを申し上げます。
皆様にとって、恵み豊かな一年となりますように。

「丹頂鶴と松」-原画:狩野元信-
父から年末に掛け軸をいくつか渡されました。
こちらは45年ほど前に、日本橋高島屋で購入したものだそうです。
名画を織物にし、掛け軸にしつらえたもの。
丹頂鶴も松もおめでたい新年に良いかしら、と長い間眠っていた掛け軸を掛けてみました。

新年から、原土のテストを試みる予定です。
今年も土に始まり・・・土に終わるのかしら、頭の中には様々な構想が渦巻き、
ひとつひとつ、こつこつと積み重ねていきたいと願っています。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

陶李

tanchozurutomatsu-s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を