2012年12月08日

古美術 桃青「恋する骨董展」で井戸茶碗一考察

12月7日、17時18分頃、大きな横揺れを伴う地震が続きました。
とても長い時間揺れていたので、大きな地震の予兆かと心配しましたが、
その時、私は東京銀座の古美術店「桃青」で開催中の「恋する骨董展」にお邪魔していました。

ちょうど、大きな揺れの時、拝見していたのが、「蕎麦茶碗」でした。
即座に仕覆を被せて、損壊のないように茶碗をまもりました。

この日、この「蕎麦茶碗」の他にも、多くの高麗茶碗の逸品を手にとり拝見させていただけて、
至福のひとときでした。

博物館では手に触れることができない茶碗たちを、手にして、触らせていただいて、肌を愛でて、やはり違います。勉強になりました。

オーナーの冨永民雄様ご自身が好きで蒐集なさったコレクションで、
高麗茶碗を次から次へと、私のために箱から出してくださり、本当に有難いことでした。

一点の茶碗から、私は井戸茶碗の原型はこれではないか?と直感しました。
冨永様のご好意により写真を撮影させていただき、「井戸茶碗一考察」の貴重な資料として公開させていただきます。

ido-original030s.jpg

ido-original029s.jpg


この茶碗は、生焼け(半分)ですが、井戸茶碗の形を挽きあげるプロセスがわかる、大変貴重な茶碗であり、高台には見事な巴が切ってあります。

片身替わり伊羅保茶碗「初雁」にみられる巴高台と酷似しています。窯の特定もできるかもしれませんし、土も井戸茶碗の陶片が出土している中でも、もっとも古い時代の赤い土の特徴を持っています。

見込みには湿台の跡も残り、「井戸茶碗」「蕎麦茶碗」の独特の形が成り立っていった様子がわかります。
釉胎は、高麗青磁末期の釉胎、を直感させられる緑色の釉胎です。


不思議なのは、半分生焼けなのですが、高台畳付きにも、見込みにも「目跡」が確認できないことです。
窯の火回りのあまりよくない場所で、一点で陶枕に乗せて焼成されたのでしょうか?

口径は大井戸茶碗と同じくらいにケジルッパ(箆)で広げられているのですが、
井戸茶碗の轆轤目を入れようとして底から土をぐっと挽きあげる過程が省略されており、不完全な形のまま焼成されているのです。

挽きあげきっていない底(高台脇取り周辺、見込み)は厚く土が残っています。


土を挽きあげきらずに、この形で焼成したでしょうが、今はこの形で残していたものがあったことを感謝せずにはいられません。

釉薬も、高麗青磁や緑釉系統の緑色を呈しており厚くかかっています。
片身替わり伊羅保茶碗「初雁」には、半身に井戸茶碗の釉薬、半身に緑釉(チェユウ/日本では伊羅保)が掛かっていますが、高台には、この井戸茶碗の原型の高台に見られる独特の「巴(ともえ)」と同じ巴高台が残っています。
緑釉は、韓国の伝統的な釉薬の一つで、もっとも古い釉薬の一つでもあります。

青井戸茶碗「落葉」の画像をみると、さらに納得できるかもしれません。
otiba051.jpg


もどりますが、この茶碗こそ井戸茶碗の原型をとどめている貴重な一点ではないでしょうか?
想像をたくましく、触発されるもののある、茶碗でした。

これは、本当に貴重な茶碗です。

「恋する骨董展」は、明日12月9日(日)まで。
「古美術 桃青」〒104-0061 東京都中央区銀座7−10−8第五太陽ビル1階
 (銀座7丁目資生堂ビルの向かいを入って、二つ目の通りです。)

この他にも、大井戸茶碗「有楽」に酷似した釉肌を持った「井戸小服茶碗」や、鶏竜山と思われる刷毛目茶碗、美しい「粉引茶碗」など、多数の高麗茶碗や、粉青沙器が展示されています。
posted by 丸山 陶李 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年11月14日

井戸茶碗の土

今日は、篩い通しだけして寝かせておいた原土を「土踏み」をして、土練機にかけました。
井戸茶碗に用いている原土。
今日で、とうとうストックが無くなってしまいました。

idochawan-genndo.jpg

前回の窯焚き(攻め焚きは薪で)の結果、とても納得のできるところまで行きました。
土と釉薬と焼成のバランスが掴めたのです。
ここ二年間、土を変えるたびに、釉薬も調整しなおし、焼成テストの結果から、さらに改良する。と、いったことの繰り返しでした。土と釉薬の石の相性テストも重ねました。釉薬に用いる石が違えば、また発色も異なってくるので、まず「土」が決まらなければ・・・という思いをひきずっていました。

やはり「本願は土にあり」でした。
10月の訪韓時にも、井戸茶碗の土が慶尚南道でも非常に特質のある土であることを再認識しました。
頭洞里では「三白土」と呼ばれている土です。

白・オレンジ・黄色・紫色と、土自体が美しい色をもっています。
土の近くから釉薬に使う陶石も採取します。
この陶石は、水にすぐ溶けてしまうので「水土」とも呼ばれています。
灰や石灰によって、この石を熔解してうわぐすりとなるのですが、
削った部分には梅華皮がでます。
濃度が一番の鍵になるのでしょう。
日本にある井戸茶碗は、本当に釉薬の濃度調整がぴったりと合っていて、
釉薬の性質を知り尽くした人が調整したとしか思えません。

青井戸茶碗の釉胎にクレーターが発生しているものがありますが、
生掛けの際、私はCMCを良く溶かさずに、ゼリー状の粒粒状態で、あえて釉薬に加えたことがありますが、
同じクレーターが発生しました。さて、昔の人々も生掛けの際に剥離を避けるために、フノリみたいなものを使っていたのではないでしょうか?

土踏み
私の用いている原土は、韓国で見てきた三白土にとても似ています。
焼成後、茶碗を水に放つとみるみるうちに枇杷色に変化していきます。
しかし貴重な土なので、削りカスまで再生して使っています。
ほとんど捨てることはありません。

tutihumi.jpg

「土踏み」の後、土練機にかけて再び寝かせています。
使用する時には、韓国で学んだオンギの土作りのように、床に叩きつけるようにして棒状に伸ばし、
可塑性を増し、土を締めます。その後、菊練りをして蹴轆轤に設置します。

私にとって宝物の土です。土練機の中に残った土もすべて掃除して掻き出し使います。
土作りから時間をかけてようやく使用できるようになる、井戸茶碗の土です。

前回の窯出しで得た「破井戸茶碗」で、毎日抹茶をいただくのが楽しみです。
本当に、お茶が美味しくなります。そして茶碗が育っていくのを見るのが喜びです。


posted by 丸山 陶李 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年10月07日

井戸茶碗(平)高台

そごう柏店「世界の陶芸家六人展」
展示作品より、平井戸茶碗の高台です。

hiraido024.jpg

今朝の読売新聞朝刊に、先日の取材記事が掲載されました。
会期は10月14日(日)17時までです。
003.JPG


posted by 丸山 陶李 at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

古井戸茶碗

古井戸茶碗koido062.jpg

この古井戸茶碗は、片身替りの窯変がでています。
半身は青みがかり、半身は枇杷色です。
古井戸茶碗「老僧」に倣った高台のがっしりした形態です。

そごう柏店「世界の陶芸家六人展」で展示中です。
posted by 丸山 陶李 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年10月03日

やまとごころ「井戸茶碗」

世界の陶芸家六人展の展示作品より。

やまとごころ「井戸茶碗」
ido-firing057yamatogokoro.jpg

「粉引鶴首花入」山茶花の蕾を活けてみました。
kohik-si003.jpg

10月11日(金)には、読売新聞社の取材が入る予定です。
posted by 丸山 陶李 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年10月01日

小貫入井戸茶碗

小貫入井戸茶碗/正面
ido-kokannyu206.jpg

小貫入井戸茶碗/高台
ido-kokannyu209.jpg

小貫入井戸茶碗/見込み
kokannyu215.jpg
posted by 丸山 陶李 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年09月29日

世界の陶芸家六人展

そごう柏店 「世界の陶芸家六人展」 を開催いたします。
(そごう柏店の案内ページにジャンプします。)

■会期:10月2日(火)〜10月14日(日)
※最終日は午後5時までとなります。
■会場:6階=おしゃれルーム・おしゃれ広場
■主催:よみうりカルチャー柏講師 丸山陶李

よみうりカルチャー柏「癒しの陶芸」担当講師・丸山陶李と、
世界各地で活躍している陶芸家5名による、力の入った
陶芸展示・即売会です。
各作家の陶芸にかける想いが詰まった作品の数々を
お楽しみください。

皆様のご来場をお待ちしております!!

井戸徳利
rokuninten.jpg

井戸盃
ido5-hai470.jpg

破井戸茶碗
yabure085.jpg

破井戸茶碗/高台
yabure322.jpg

posted by 丸山 陶李 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年07月23日

大井戸型茶碗

0syomen-s.jpg

nb074-1000.jpg



2012年7月22日(日)窯出しした作品から一点を撮影しましたので、紹介させていただきます。
大井戸茶碗の形をしていますが、枇杷色を狙った土ではなく、日本の赤土だけを用いて、蹴轆轤で挽いたものです。

早速、現在開催中のニューヨークの茶碗展に送ることになりましたので、
手元を離れる前に、ビデオで撮影しておきました。
手振れがあります(笑)。BGMもありません。

うす紫色の発色しました。
薪で攻め焚きをして、一番還元のかかりやすい窯の場所に置き焼成したものです。

窯出しした作品の中(テストピースも含めて)に、胎土と釉薬と焼成が合って、「私の井戸茶碗」へ一歩前進したのですが、
それらはまた後日、紹介させていただきます。

posted by 丸山 陶李 at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2012年07月20日

韓国EBSテレビ取材

今日、韓国教育放送公社(EBSTV)の取材があり、
「井戸茶碗」についてインタビューを受け、窯焚きや蹴轆轤の撮影も終えました。

今日の取材に合わせて、窯焚きの予定を前倒しにしたので、
素焼きから窯詰めまで、徹夜の作業が続きました。
さぞかし、放送される映像は、くたびれ果てた姿をさらすことになるでしょう(笑)。

わざわざ韓国からディレクターとカメラマン、そしてアシスタントの方が来てくださるので
体はしんどかったのですが、撮影日にタイミングが合うように懸命に準備をしました。

先ほど、窯焚きも終わり、テレビ局の皆さんをお見送りしたところです。
「やっとゆっくり眠れる」安堵感と、まだ明日も陶芸の講座があるので、ここで気を緩めないように
心しながら、早めに睡眠をとることにします。

通訳をしてくださったディレクターの方から、
「実は今回も陶祖・李参平の取材という話もあったが、以前に何度も韓国で取り上げてきたので
もっと新鮮な取材をしたくて、井戸茶碗について調べていたら・・・」私のホームページやブログを発見し、取材しようと考えたと伺いました。

「私の井戸茶碗」を一生に一碗でも良い、残したい。
という、私の「井戸茶碗一考察」もお読みになったそうです。

お茶を差し上げて撮影終了後に歓談した際にも、大変興味深いお話を伺いましたので、
メモさせていただいたのですが、本日は、その内容を書き綴る体力が残っていないようですので、
後日、あらためて体力挽回後にブログに綴らせていただきます。

今日の蹴轆轤で撮影用に挽いた茶碗二点を、テレビ局の方が撮影している場面の写真、
そして、EBSからいただいた名刺入れの写真をアップしておきます。



放送は、韓国のみですが(韓国教育放送公社(EBSTV)は日本のNHK教育テレビのような公営の教育チャンネルとの事、放送は8月14日・15日の二話で「EBSドキュプライム」というドキュメンタリー番組です。夜9時50分からの放送だそうです。

「文化の源は何でどのように変遷して来たのか、そして未来に向かってどう発展させていくべきか。
各文化の源流とその本質、異文化との融合や再創造による未来の姿に迫る番組制作」の中で「井戸茶碗」を取り上げるそうです。

「韓国の知り合いにも知らせてください。」と仰っていました。

自分の映像を見るなんて、恥ずかしすぎるのですが、
9月には放送されたものをDVDにして、送ってくださるというので、
ご覧になりたい方は、私にこっそり仰ってください(笑)。

EBS.jpg

EBS02.jpg

posted by 丸山 陶李 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2011年12月06日

朝鮮陶磁名品展

12月4日(日)朝8時前に陶房を出発し、東京へ。
当初の目的は、父の携帯電話にセットしてあったナビの再設定。
某電話サポートセンターの誤案内によって、ナビの再設定を余儀なくされた。
父の携帯電話と、こちらの携帯電話、そしてパソコンでのナビ機能を再度設定しなければならなくなった。

土曜日と打って変わって快晴。
電話会社の誤案内は迷惑だったが、父に会いに行くと思えば、と気を取り直して快晴の中、渋滞もなくドライブ。

再設定が済むまで一時間ほど。
父と先日、訪問した叔父との写真を見ながら、再設定が済むまで談笑して過ごした。

その後、父は恒例となっている巣鴨のお地蔵様ににお参りに電車で行くと言うので、駅で別れ
私は、他に用事もなかったので、すぐに取手に戻る予定で、東名高速のインターに向かった。

そこで、ハプニング!
東名のインター直前になって「ガソリンが足りない」事に気づいた。
進路を変更し、国道246号にでて、給油し、首都高速から高速道路に乗れば良い、とガソリンスタンドに向かう。

給油後、R246を走りながら、ふと・・・。
「あ、せっかくだから、なんども来そびれていた静嘉堂美術館に寄ってみようかな。」
とiPhoneで、静嘉堂のウェブサイトを検索。

展示案内を見て驚愕!
半ば諦めていた(静嘉堂を訪問したいと望んで数十年来、近くを通っても素通りの連続で縁がなかった。)静嘉堂での「朝鮮陶磁名品展」、この日が最終日だったのだ!

給油のためにR246を通る事になったのが、ラッキー!
そして、この日を選び父の携帯電話の再設定のためだけに朝から東京に出てきたのもラッキー!

「こ、こ、これは神様の思し召し!親孝行のご褒美??」と、胸は高鳴った(笑)。

静かな銀杏並木の入り口。
静嘉堂美術館に到着。
銀杏並木を美術館入り口に向かって歩いていると、
後ろから声をかけられた。
「あの、すみません。これから静嘉堂にいらっしゃいますか?」
と品の良い女性。

「はい。今日が最終日の朝鮮陶磁名品展に参ります。」と、お答えすると、
「よろしかったら、これ使ってください。」と、その女性が招待券(入場無料)をくださった。

「な、な、なんと、今日はラッキー!第三弾!!」

心の中で、今日の偶然を、ただ事ではないと思った。
こんなにラッキーなことが立て続けに起きるなんて。

そして、さらにラッキーだったのは、
「朝鮮陶磁名品展」で展示されていた高麗・李朝陶磁の素晴らしさ!
大阪東洋陶磁美術館で、一日、過ごした時と同様の胸から突き上げてくるような感動を味わった。
「美しい・・・・・。」
素晴らしい高麗青磁や粉青沙器、黒高麗、白磁、辰砂、極めつけは「井戸茶碗・越後」。

静嘉堂は、写真撮影が許可されていないので、「越後」をスケッチ。
もちろん、カタログは手に入れた。

小さな美術館だが、それだけに陶磁器を展示してあるショーケースが、小さ目で、
ガラス越しに、近い距離で陶磁器を拝謁できる。有難い、近距離であった。

「越後」を前に、井戸茶碗の釉薬の掛け方が一つ確認できた。
今年の直近の窯焚きで、私が試みたことは間違っていなかった。
つまり、「高台を指で持たずに、口縁と高台畳付きを手で持って施釉する。」
そのため、手ではさんだ部分に釉なだれが生じ、その部分に釉薬が厚く掛かる。

高台に指跡が残っている井戸茶碗が少ない理由が、この施釉方法で説明がつく。

他にも、拝謁して気づいた事が多々あるが、
「黒高麗」についても一つ確認できた。
私がこのところ成果が良いので、胸に抱えていた黒高麗の施釉について。
黒高麗は、二種類あって、一つは鉄化粧の上に青磁釉を掛けたものだが、
もう一つ、ずっとテストを続けているカリントウのような漆黒のしっとりした黒高麗は、
鉄分を含んだ石間朱を二度掛けして黒を発色させているという事。
見事に二度掛けを実証する壺が静嘉堂で拝謁できた。

名物の井戸茶碗では小振りな大きさの「越後」。
しかし、井戸茶碗に共通する「凛とした品格」を備えた作り。
実に清々しかった。

ラッキーな事が重なって、導かれたように訪れた静嘉堂美術館。
「朝鮮陶磁名品展」でのメモとスケッチは、私に貴重な示唆を与えてくれている。

井戸茶碗「越後」
etigo-b.jpg

玉子手茶碗「小倉山」
tamagode-ogurayama.jpg

堅手茶碗「秋かぜ」
katade-akikaze.jpg

朝鮮陶磁名品展ポスター
seikado.jpg
posted by 丸山 陶李 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗