2013年12月14日

井戸茶碗の故郷から

2011年に韓国慶尚南道鎮海市頭洞里の熊川古窯址を踏査させていただき、お世話になった崔熊鐸先生(熊川窯)が、井戸茶碗の故郷/頭洞里から根津美術館で12月15日(日)まで開催されている「井戸茶碗展」に来日。

昨日は、根津美術館にご案内した。

来日前日に、新しくトン窯(鉄砲窯)の築窯を終え、翌12日に成田に到着。今日14日は帰国なさった。
「井戸茶碗展」を見るためだけに来日されたのだ。

根津美術館への往復、電車や地下鉄の中でも、井戸茶碗に関する話ばかりして、とても有意義で楽しくご一緒させていただいた。

喜左衛門や細川との再会を果たして、「とても気持ちがいいです。」と先生は仰った。
井戸茶碗の話をしていると、先生との時間はとても短く感じられた。

青井戸茶碗や小井戸茶碗の産地についての考察、頭洞里を産地とする大井戸茶碗の考察は、大変興味深い話だった。

「400年前に井戸茶碗を制作した同じ土(カオリン)を新しく掘ったので(三白土ではない)、その土を使って井戸茶碗を作ってごらんなさい。新しいトン窯で一緒に焼きましょう。」と仰っていただいたので、ありがたくご好意を受けることにいたしました。

崔先生が今年三月の展示会で発表した小井戸茶碗「老僧」に良く似た井戸茶碗を、韓国から同行なさった僧侶がipadで見せてくださったが、とても素晴らしかった。おそらく、喜左衛門と同じ梅華皮をコンスタントに表現できる井戸茶碗作家は、現在崔先生だけではないかと思う。

オリジナルの井戸茶碗について、先生の考察、現地での原材料や、焼成、釉薬についても、熱心に伝授してくださった。オリジナルの井戸茶碗と同じカオリンと、新しいトン窯での井戸茶碗の焼成、また心躍る未来への希望を頂戴した。

根津美術館で崔熊鐸先生とお弟子さんの徐さん、同行した馬山のお坊さんが撮影してくださいました。
007s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82579633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック