2006年05月30日

薬研

今日は「休日」と自己宣言し、休養日。

たまった洗濯物を片付け、
札幌から取手に移転して六ヶ月、
手をつけていなかったヴィオラ・ダ・ガンバを弾いてみることにした。

昨日、楽器をケースから出したら、
駒はズレているし、KORGのチューニング器が見つからないし、
オマケに、10代に覚えてしまったギターの調音しか思い出せず、
ガンバの開放弦の音が思い出せなかった(自爆!)。

急遽、ガンバ仲間に電話で開放弦の音を確認し、メモ!

イヤハヤ、10代の記憶力の威力はスゴイと思いました。
ガンバもギターも、同じ6弦の楽器だけど、調音が違うのです。
最初、ギターの調音をしてしまい、
「何か変?」
と、気づいた次第。

ちなみに、
ギターは低い音の弦(下)から、
E-A-D-G-B-E(ミラレソシミ)ですが、

ガンバは
D-G-C-E-A-D(レソドミラレ)
となります。

通常、ガンバはチェロのように構え、膝で挟んで弾きますが、
たまに、ギターのように楽器を横にして音をだすこともあるのです。

今日、練習していて、ピチカートだけで音取りしてみようと
休憩半分に、ガンバを横に抱えてみたのですが、
アリャリャ・・・横に抱えて弾くと、ギターの調音で指が動いてしまいます。
駄目だこりゃ!
恐るべし、10代の記憶!

私の場合は、あくまでもガンバを膝にはさみ、
ボーイングしないと、間違ったフレットを押さえてしまうことが
よく、わかりました。

もっともっとガンバの練習すれば、10代のギターの記憶は
消滅してくれるのだろうか・・・。(汗)。

画像は、オークションでゲットした「薬研(やげん)」です。
昔、クスリの調合をする時に、薬草を細かくするために使われたもの。
3000円で、見事、落札し届いた現物を見たら、
長年の使用により、鉄製の受け皿に小さな穴が空いており、
せっかく摺っても、散らばってしまいそう。。。

原土を摺るのに使おうとおもったのですが、
どうやら、失敗しました。
やっぱり、スタンパーの方がgoodだなぁ。

鉄の補修って、ハンダ付けですかね??

yagen.jpg



posted by 丸山 陶李 at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 高麗・李朝
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/787957
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック