2006年05月28日

マラン・マレ・フェスティバル

marais.jpg

浜離宮朝日ホールで、フランスの宮廷音楽家であり、ヴィオラ・ダ・ガンバ(ヴィオール)の作曲・演奏家として活躍した「マラン・マレ」の生誕350年を記念するフェルティバルがあり、一日、ガンバの音の中で過ごしてきました。

午後1時からは、俳優の山本宣さんが出演するレクチャーがあったのですが、
会場の外で、私のリンク集「音楽」にもリンクしているリコーダー奏者の星典子さんとバッタリ出会い、青空の中、サンドイッチを食べながら、昨日から始まっているフェスティバルの様子をうかがったりして、楽しいおしゃべり。

札幌古楽祭に参加した、なつかしい他のメンバーとも会場で会えて
楽譜や、ガンバの講習会の情報も入り、収穫も上々。

午後2時から第一部が始まる。
札幌古楽祭でガンバの平尾雅子先生の講座を一緒に受講し、
東京個展のレセプションでも応援演奏していただいている「安孫子みかほ」ちゃんのプロ・デビューの演奏を、星さんと一緒に聴かせていただく。

ベルギーに留学して帰国してから、初の安孫子みかほちゃんの演奏。
176センチある背の高い彼女、ピンクの素敵なドレスで優雅に登場。
いやぁ、久しぶりに聞いたのですが、
すごく腕があがり、素晴らしい演奏でした。

そして、午後5時から第二部。
平尾雅子先生の演奏だ。
今まで、6弦のガンバを使っていたが、今日は2004年に制作された日本製の7弦のガンバでの演奏。

まず、ステージに登場した平尾雅子先生の美しさにうっとり♪
素敵すぎます。
そして、今まで先生の演奏を聞いて、期待を裏切られたことがないけれど
今日も、素晴らしい演奏だった。

チェンバロ・リュート・ガンバ・ギターの男性出演者を引き連れ(?)、
さながら「女王」のようだった。

第二部の休憩時間、会場に流れるアナウンス。
「休憩の後、天皇皇后両陛下がいらっしゃいますので、
休憩の後は、皆様早めに席におつきになり、両陛下をお迎えください」


なんて、光栄なんでしょう♪
皆、起立し、満場の拍手で二階席に両陛下をお迎えする。
知らないうちに、TV局のカメラが二階にはビッチリ。

初めて、両陛下を直に拝見した。
演奏会終了後、控え室に移動され、演奏者に御言葉をかけられ、
お帰りになられたが、感激した。

バロック・ヴァイオリン奏者の「桐山建志」さんは、
古楽・音楽界では、「殿下」と呼ばれている。
これは、桐山さんが、皇太子殿下に、よく似ているからだが、
今日、桐山さんのバロック・ヴァイオリンを弾く姿をご覧になった両陛下は、
ヴィオラを演奏する皇太子殿下を思い浮かべられたかどうか。。。

ガンバ・チェンバロ・アーチリュート・トラヴェルソ・バロックダンス・バグパイプが登場した演奏会。
古楽三昧。マラン・マレ万歳!の一日でした。

演奏会の内容については、後ほど書くことにして
今日は、ここまで♪



posted by 丸山 陶李 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/727078
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック