2006年05月27日

本当だっ!

今日も、引き続き「吸い鉢」を挽く。
なんで、「吸い鉢」をたくさん挽いているかという理由は三つ。

1.昨日のブログに書いたように、再生土や土作りなどの乾燥のため。
2.次回の窯焚きは、井戸茶碗が中心になるので、「素焼き」はいらない。
 でも、素焼きしてから本焼きにしたいものもあるので、
 素焼きの窯が、一杯になる必要がある。
3.固くなってしまった粘土があるので、早く使ってしまいたい。
 (土を置く場所・陶房内のスペースが、あまりないのです)

と、いうことで、素焼きの窯がスカスカなので「吸い鉢」も挽いてます。

suibati.jpg

以前、笑った「茨城弁大辞典」から、
実際に体験して「本当だっ!」と、思った発音があって
思わず笑ってしまったので紹介します。

茨城では「い」と「え」の発音がしばしば逆になる。

例)ンピツ→色鉛筆

「エ」と「イ」の発音、本当に逆の人、年配者には多いです(笑)。

もう一つ、大笑いした茨城弁を紹介。

【いもあらい】 いもあらい

MRIのこと。本人はMRIと言っているつもりだが、年配の人が言うと「芋洗い」と聞こえてしまう。
posted by 丸山 陶李 at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/723012
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック