2007年10月30日

美の求道者・安宅英一の眼

特別展
「美の求道者・安宅英一の眼―安宅コレクション」

The Eyes of Ataka Eiichi, Seeker of True Art
Selected Chinese and Korean Ceramics from the Ataka Collection

東洋陶磁のコレクションとして質、量ともに世界でもトップクラスとされる安宅コレクションの名品展が、28年ぶりに東京で開催されています。
行かなくちゃ!!です(笑)。
京都で陶セラピーの講演依頼を受け、その帰路、大阪に立ち寄り、飛行機の出発時間ギリギリまで、大阪東洋陶磁美術館で安宅コレクションを堪能したのが、四年前になる。
時間をかけてゆっくり拝見し、メモも取ってきたが、今回また東京でコレクションに接することができる機会を得、わくわくしています。

16940131_250.jpg

◇とき   2007年10月13日(土)〜12月16日(日)
◇ところ  三井記念美術館 (日本橋)

◇開館時間  10:00〜17:00  (入館は16:30まで)
※但し12/1(土)〜12/16(日)は10:00まで (入館は18:30まで)
◇休館日 月曜日

◇入館料 一般1000(800)円、高大生700(600)円
※身体障害者手帳、中学生以下は観覧料無料



◇概要 〜展覧会案内文を参考に〜

「ものは 三顧の礼をもって迎えるべし」――安宅英一

東洋陶磁のコレクションとしては世界第一級の質と量をほこる「安宅コレクション」。 安宅コレクションが住友グループ21社から大阪市に寄贈され、その収蔵・展示施設として大阪市立東洋陶磁美術館が開館してから、本年で25年がたちました。

安宅コレクションは、かつての安宅産業が、企業利益の社会的還元と社員の教養向上を目的に、事業の一環として収集したコレクションで、韓国・中国を主体とする東洋陶磁の名品コレクションを中心とするものです。 

このコレクションの形成にあたってもっとも大きな役割を担ったのが、元取締役会長・安宅英一 (あたか・えいいち 1901-94)です。 安宅は、美術のみならず音楽にも造詣が深く、戦後日本の音楽界においてパトロン的存在として多大な功績を残した人物でもあります。 安宅コレクションは、類いまれな芸術的天分にめぐまれた安宅英一の研ぎ澄まされた鑑識眼と、自らの美的価値観に対する妥協のない完璧主義によって生まれたものであり、彼の存在なくして安宅コレクションを語ることはできません。 

安宅英一の眼によって選びぬかれた作品群――「安宅コレクション」は、ひとりの愛好家のまなざしによって創造された芸術作品ということもできるでしょう。 東洋陶磁美術館に世界ではじめて自然採光室が設けられたのも、安宅の眼が見出したものをなんとか伝えようという動機からでした。

本展は、第1部 「コレクションの形成」 (第1期・草創期、第2期・発展期、第3期・成熟期、第4期・整理期)、第2部「美の選択」、第3部 「安宅コレクションの小品」 の三部からなります。 《飛青磁花生 (とびせいじはないけ)》、《油滴天目茶碗(ゆてきてんもくちゃわん)》 の2点の国宝をはじめ、《青花蓮池魚藻文壺 (せいかれんちぎょそうもんつぼ)》などの12点の重要文化財、《青磁象嵌牡丹文鶴首瓶 (せいじぞうがんぼたんもんかくしゅへい)》などの初公開作品、関連作品などを紹介しながら、かつてない規模と内容によって、安宅コレクションの形成過程とともに、「美の求道者・安宅英一の眼」にせまります。 


◇関連講座
「茶の湯の中国陶磁 −国宝 油滴天目によせて−」
2007年12月8日(土)13:30〜15:30
講師: 赤沼多佳(三井記念美術館 参事)
聴講料: 2,000円(税込)
※定員50名(先着順・要予約)

◎巡回先
〔大阪〕大阪市立東洋陶磁美術館 終了
〔福岡〕福岡市美術館  2008年1月5日(土)〜2月17日(日)
〔金沢〕金沢21世紀美術館 2008年2月29日(金)〜3月20日(祝・木)

詳しくは・・・
三井記念美術館公式HP

※常に一流を見、聴くことを徹底。教育者としても貢献した安宅英一氏

 安宅英一氏(1901-1994)は香港に生まれ、兵庫県神戸市神戸高商(現・神戸大学経済学部)を1924年(大正13年)卒業。1925年、安宅商会(のちの安宅産業)に入社。
その後ロンドン支店長となり、1945−47年及び1955−1965年の2回会長を務めました。中国や韓国の古陶磁のコレクターとして有名です。
しかし、もともとピアノや指揮の勉強もしていた安宅氏は音楽にも造詣が深く、東京藝術大学に「安宅賞」を設け、成績優秀な音楽と美術の学生に奨励金を贈り、若手芸術家の育成に努めています。
また「常に一流のものを見、一流の人とおつきあいする」ことを信条とし、相撲の世界では双葉山、歌舞伎では六代目菊五郎、戦後は鶴之助(現五代目中村富十郎)、バレエでは谷桃子などを後援しました。
またピアニストの中村紘子に中学生の頃から本物の陶磁器に触れさせるなど、「精神的な一流を保つには一流のものを知っていなければならない」という徹底的な精神主義で多くの芸術家を育ててきました。
posted by 丸山 陶李 at 12:33 | TrackBack(0) | 高麗・李朝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6320548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック