2012年12月27日

井戸茶碗の土

原土から作った私の井戸茶碗の土。
12月22日(土)から26日(水)まで5日間、釉薬の微調整のためテスト焼成を六回行いました。

新年の初窯を予定しています。
茶碗ばかり100碗を焼成します。
(テスト焼成で10碗ほど使ってしまいましたが…)。

本番は薪を投入して焼成しますが、
テストは小さなガス窯です。

本日、朝、六回目の焼成を終えて窯出ししました。
ガス窯は、還元焼成がしやすくて、本当にいろんなテストが出来、学びになりました。
ガス窯の窯焚きは、一番楽だと思います(電気窯はテストには良いけれど)。
温度管理も還元の具合も思うまま、ちょっとしたタイミングで自由自在です。

小貫入が攻め焚きのタイミングによるものであることも、六回の焼成すべてで確認でき、またそのタイミングをデータとして把握できました。

李朝の陶工たちは、釉薬の濃度や攻め焚きのタイミングを、炎で見分けてきたのだと思いますが、本当に凄いなぁ、と、あらためて経験と体験を身に沁みこませる道程を思いました。
原材料はさておき(現地で採取できるものですから)、彼らの轆轤技術や、釉薬調整能力、窯焚きの確実性には、目をみはります。

灯油窯の焼成は、こうはいかない(私の窯は灯油窯で薪が投入できる)。
「薪窯を焚くなら、灯油窯を何度も焚いておけ」と、ある亡くなった陶芸家が仰っていましたが、普段から灯油窯で焼成をしていると、薪窯の焼成時にも非常に良い経験となります。

さて、今朝、六回のテスト焼成による茶碗を並べてみました。
左から一回目、一番右が最後の六回目と縦列が進みます。

「ひっつき」で壊した茶碗や、釉薬の「生掛け」時に崩した茶碗もあります。
それらを取り除いて、データ管理のため写真を撮影しておきました。

すべて同じ「井戸茶碗の土」を用いており、釉薬も微調整しただけなので、ほとんど同じ釉薬です。
そして、すべて「生掛け」してボーメを記録してあります。

高麗茶碗の様々なバリエーションが、「炎」の窯変によるものであることがわかります。

test6-2012-12-22-26-003.jpg

test6-2012-12-22-26-025.jpg

※左から二列目の上の茶碗と三列目の茶碗は、還元落しで焼成したものです。(青い発色の三碗)。

※右下に二つの「高台」だけのテストピースがありますが、こちらは私の現在用いている「井戸茶碗の土」ではありません。素焼きしたものを、今回のテストの窯に同じ釉薬を掛けて、梅華皮のテストをしたものです。

※今回の窯は、窯内の最低温度となる場所が、すべて1230℃から1250℃の高温焼成をしています。

posted by 丸山 陶李 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61072230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック