2012年11月14日

井戸茶碗の土

今日は、篩い通しだけして寝かせておいた原土を「土踏み」をして、土練機にかけました。
井戸茶碗に用いている原土。
今日で、とうとうストックが無くなってしまいました。

idochawan-genndo.jpg

前回の窯焚き(攻め焚きは薪で)の結果、とても納得のできるところまで行きました。
土と釉薬と焼成のバランスが掴めたのです。
ここ二年間、土を変えるたびに、釉薬も調整しなおし、焼成テストの結果から、さらに改良する。と、いったことの繰り返しでした。土と釉薬の石の相性テストも重ねました。釉薬に用いる石が違えば、また発色も異なってくるので、まず「土」が決まらなければ・・・という思いをひきずっていました。

やはり「本願は土にあり」でした。
10月の訪韓時にも、井戸茶碗の土が慶尚南道でも非常に特質のある土であることを再認識しました。
頭洞里では「三白土」と呼ばれている土です。

白・オレンジ・黄色・紫色と、土自体が美しい色をもっています。
土の近くから釉薬に使う陶石も採取します。
この陶石は、水にすぐ溶けてしまうので「水土」とも呼ばれています。
灰や石灰によって、この石を熔解してうわぐすりとなるのですが、
削った部分には梅華皮がでます。
濃度が一番の鍵になるのでしょう。
日本にある井戸茶碗は、本当に釉薬の濃度調整がぴったりと合っていて、
釉薬の性質を知り尽くした人が調整したとしか思えません。

青井戸茶碗の釉胎にクレーターが発生しているものがありますが、
生掛けの際、私はCMCを良く溶かさずに、ゼリー状の粒粒状態で、あえて釉薬に加えたことがありますが、
同じクレーターが発生しました。さて、昔の人々も生掛けの際に剥離を避けるために、フノリみたいなものを使っていたのではないでしょうか?

土踏み
私の用いている原土は、韓国で見てきた三白土にとても似ています。
焼成後、茶碗を水に放つとみるみるうちに枇杷色に変化していきます。
しかし貴重な土なので、削りカスまで再生して使っています。
ほとんど捨てることはありません。

tutihumi.jpg

「土踏み」の後、土練機にかけて再び寝かせています。
使用する時には、韓国で学んだオンギの土作りのように、床に叩きつけるようにして棒状に伸ばし、
可塑性を増し、土を締めます。その後、菊練りをして蹴轆轤に設置します。

私にとって宝物の土です。土練機の中に残った土もすべて掃除して掻き出し使います。
土作りから時間をかけてようやく使用できるようになる、井戸茶碗の土です。

前回の窯出しで得た「破井戸茶碗」で、毎日抹茶をいただくのが楽しみです。
本当に、お茶が美味しくなります。そして茶碗が育っていくのを見るのが喜びです。


posted by 丸山 陶李 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60025926
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック