2006年04月19日

やっと決まった

いろいろ試行錯誤した末、やっと「ぐい呑」のデザインが決まり、彫りいれの作業で一つのぐい呑に時間がかかるのですが、これで決定です。

彫りいれは、この前の試作で、まっすぐ縦に鎬(しのぎ)を入れたものを作りましたが(これです ↓)、

guinomi-tyumon-b1.jpg

復活祭も過ぎ、聖霊降臨を迎えることから、鎬の模様を「聖霊の炎」をイメージし「斜め」に入れました。

guinomi-tyumon1.jpg

昨日、ロクロで挽いたものに、すべて彫りいれと十字架の貼花が終わり、白化粧し終えました。

guinomi-tyumon2.jpg

明日は、またロクロ挽きして残りのぐい呑をやろうと思います。

大きさも小さくしました。
(画像だけでは、なかなか大きさはわかりませんよね。)


取手の陶房は、神棚がある家なのですが、その神棚には、私の作った大壷が三つ飾ってあるんです。
それを見つけた今日の来客は・・・
「うぉぉ!! 神棚を、こう使うとわぁ!おい、見てみろぉぉ」
と、お二人連れだったので、もう一人の人を呼んで、
神棚を指差し笑われました。

神道の皆さんが見たら、唖然とするのかもしれないですけど・・・
なんというか、壷を置く場所がなくて、
「いいところを見つけた!」
と思ったのが神棚だったわけです(笑)。

kamidana.jpg

posted by 丸山 陶李 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/595272
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック