2007年10月02日

訂正

涼風がお茶を一際美味しく感じさせる嬉しい季節になりました。
十月の今日は、しとしと雨が降り出し・・・。
こんな日に仕事が捗るのは、昔から雨の日に家の中で遊ぶのも好きだったせいかな。

個展前の追い込みを思い出すとゾッとするけれど(笑)、
今は、じっくりと井戸茶碗の追究の時が持てて、しあわせ。

先日、お電話でご招待のお話と、お問い合わせを頂いたM氏へ。
ブログを読んでくださっていたら、訂正があります。
1.梅花皮のない貫入のみの井戸茶碗の話の時、「柴田」と言ったのは「金森」の間違いでした。

お詫びに、今日挽いた井戸茶碗の「見込み」の写真を。
高台を絞って、その後、指で引きちぎるようにすると、こんな感じになります。(すべてではないのは、お話した通りです)
DSCF1967.JPG

その他、二三点お話した事の中に訂正がありましたが、いつかお目にかかる日にでも・・・。

DSCF1957.JPG
轆轤の上ですべてを決める・・・指と箆で轆轤から茶碗を引きちぎっても、斜めにならないで真っ直ぐに設置できるようになりました。訓練の賜物(笑)。
posted by 丸山 陶李 at 03:27 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5674969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック