2007年09月10日

瓦胎漆衣

中国・前漢時代(B.C.3〜1世紀)に、瓦胎漆衣という技法がありましたが、現在、私は陶漆と簡単な言い方に変えて作品の中で、漆のマチエールを楽しんでいますが・・・。

先日、素焼きした土鈴に今日は瓦胎漆衣で楽しんでみました。

「李」の陶印入り土鈴
DSCF1785.JPG

鳩の土鈴
DSCF1775.JPG

童子たち
DSCF1783.JPG

魚紋の土鈴
DSCF1780.JPG

てるどさんに対抗してミニチュア一輪挿(笑)
こちらの一輪挿は、土鈴にするのを忘れました。
DSCF1792.JPG

こちらの鶴首一輪挿は、土鈴になっています。
DSCF1791.JPG

三島手用の新作印花も作ったょ♪隣は黄化粧をした茶碗だょ(見事、崩壊・涙)
DSCF1801.JPG DSCF1771.JPG
posted by 丸山 陶李 at 15:55 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5386263
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック