2011年08月17日

大井戸茶碗の轆轤成形

今年5月に韓国・聞慶伝統茶碗祭りで、USから招待されたLee Love氏が撮影しYou Tubeで紹介している「大井戸茶碗の轆轤成形」ビデオです。

轆轤を挽いているのは、聞慶の陶芸家Yeon Tae Park氏です。
以前、このブログで人間国宝「金正玉」氏と韓国名匠「千漢鳳」氏の動画も紹介しましたが、お二人とも独特の形状をした手作りの「牛ベラ」を用い、「蹴轆轤」による成形でした。

今回のYeon Tae Park氏の轆轤成形は、牛ベラではなく木ゴテにより茶碗の「見込み」と「轆轤目」を仕上げています。そして、伝統的に聞慶の陶芸家は「糸切り」をせずに「高台切放し(箆起し・箆切り)」をしています。高台を絞込み、井戸茶碗は轆轤上で、すべての形が決まっていることがわかります。

このビデオでは、電動轆轤によるデモンストレーションですが、Yeon Tae Park氏は、「蹴轆轤」大会でも優勝しています。

posted by 丸山 陶李 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47404647
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック