2011年07月26日

白い井戸茶碗

先日、ブログで紹介した頭洞里の陶片の中にも白い梅華皮がでた陶片があったが、
白い井戸(茶碗)が、土と釉薬のテスト焼成で生まれた。

梅華皮が大きくできて、というよりも、釉飛びが激しく(笑)、
「白」といっても、象牙色のような白で、これも面白いな、と思った。

whiteido-s.jpg

前にも、カオリン質の土と赤い土とを混合して焼成した時に、白い茶碗になり、不思議だなと思っていた。
合わせる赤色の土の鉄分の状態によるのか、カオリンが鉄分を吸収してしまうのか、
焼成温度と関係あるのか、私には、はっきりとはわからない。

しかし、頭洞里の白い梅華皮のでた井戸(茶碗)の陶片は、
釉薬は白く、胎土は枇杷色のまま焼けていた。
不思議がいっぱいな、テストの繰り返し。そして「失敗」という師に学ぶ日々。
 ↓
tohen2.jpg

左→6月の釉薬調合で出た梅華皮
右2つ→今日7月26日、窯出ししたテスト焼成での梅華皮

kairagi-test.jpg

7月19日に窯出ししたテスト焼成での梅華皮
kairagi-test110719.jpg

梅華皮も、様々な条件で表出させられるものなんだな、と学んでいる。
さて、「私の井戸茶碗」には、どの梅華皮が似合うだろうか、と考えなおす。釉薬の濃度によっても様々な表情を見せてくれる。
posted by 丸山 陶李 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46968582
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック