2011年07月10日

井戸茶碗の故郷を訪ねて[1]

7月2日から9日までの7泊8日の旅は、井戸茶碗の故郷「熊川陶磁址」「頭洞里」を訪ね、また頭洞里のある宝賠山(ぼうばいさん)で、かつて井戸茶碗の成形に用いられた三白土を実際に採取してきた。

現在、熊川古窯址「頭洞里」には、資料館が建設中で、資料館をはさんで上下に古窯址が二つあった。
資料館の上には、青いビニールシートで覆われた登り窯の窯址。そして下方には小川の流れる松林に小さめの割竹式登り窯の窯址。いずれも原型をとどめていないが、付近にはたくさんの陶枕(トチン)や、窯壁、陶片などが埋れていた。

宝賠山は、その名の如く、かつて熊川陶磁の原材料がすべてこの宝賠山から採取できたほど、宝の山であり、その貴重な土(カオリン)は山全体を構成している。三白土と呼ばれている井戸茶碗に用いられたカオリンは、韓国のどこにでも存在しているものではないという。赤・黄・白の三色の混合がみられるカオリンである。粉青沙器・井戸茶碗・黒天目・軟質白磁・熊川茶碗・青磁など、美しい陶磁器が焼かれ、この熊川の陶工であった「巨関」は125人の陶工とともに日本に連行され、現在の三川内焼きの祖となっている。

私にとって長年の夢であった井戸茶碗の故郷「頭洞里」を訪ね、かつての陶工たちの心を感じ、その土に触れることが実現した。この夢を実現させていただいた崔熊鐸先生に心から感謝している。

今回[1]は、多少ではあるが、その旅の中から、まず頭洞里を紹介させていただきます。

建設中の熊川古窯址資料館
kinenkan.jpg

資料館後ろには登り窯も用意されている。
kinenkan-kiln.jpg

登り窯のカーブに用いられるマンデンイ
kinenkan-kiln-mandeni.jpg

熊川古窯址について説明されている看板(大きな登り窯址の前)
oldkiln-kanban.jpg

頭洞里古窯址(大きな登り窯)
oldkiln1.jpg

oldkiln2.jpg

資料館下にある松林内の古窯址(小さめの割竹式登り窯址)
oldkiln-matsu.jpg

oldkiln-matsu1.jpg

oldkiln-matsu3.jpg

oldkiln-matsu2.jpg

頭洞里で見つけた箆切り高台(高台切放し)の陶片
herakiri.jpg

頭洞里古窯址の陶片
tohen2.jpg

tohen1.jpg

tohen5.jpg

tohen4.jpg

tohen7.jpg

三島の施釉前の陶片
tohen6.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46678352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック