2011年06月10日

釉薬テスト窯出し(前半)

釉薬テスト窯出し(前半)です。(後半)もあるのか?というとあるのです。
(後半)は、後ほど。

今朝、釉薬のテスト焼成を窯出ししました。
結果、濃度が高いので、調整して、再度テスト焼成を行っています。

今日の窯出しテストは、長石のテストと化粧土のテストです。
前回(6月6日)の釉薬の調合に、灰を少々加えて、長石を変えてみました。
また、焼成カロリーも前より上げてみました。

梅華皮は、よく融けていますが、濃度が高かったため、高台周辺以外にも梅華皮が現れています。
見込みにも梅華皮が見られたので、この窯出し後、すぐに釉薬の濃度を調整し、別の器胎に釉掛けし、ただいま再びテスト焼成中です。

今朝のテスト焼成窯出し(前半)の画像。

一番右の茶碗は、藁灰による梅華皮で、他の茶碗とは釉薬が違います。化粧土のテストをしたものです。
kannyuchosekitest3.jpg

kannyuchosekitestido.jpg

posted by 丸山 陶李 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45866109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック