2011年06月06日

釉薬テスト焼成・窯出し

先ほど、釉薬のテスト焼成を終えて窯出ししました。
途中、テスト窯のガス切れがあり(笑)、あわててガスボンベを運んでいただきました。
一旦、23℃まで窯の温度が下がってしまいましたが、700℃まで昇温していたので、「素焼き」をしたと思えばいいかと…(生掛けですが)、結果もまたテストと居直りました。
釉薬の調合と土との相性のテストなので、700℃での降温は、さほど問題にもならないことかもしれません。

刷毛目井戸茶碗
正面
hakeme-ido.jpg

高台
hakeme-idokodai.jpg

見込み
hakeme-idomikomi.jpg

井戸ぐい呑
正面
beniido.jpg

高台
beniido-kodai.jpg

見込み
beniido-mikomi.jpg



posted by 丸山 陶李 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45768522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック