2011年05月31日

水(乙)土 スウルト

多くの学びと恵みをいただいた韓国の旅だった。
今週は、一度テスト窯(ガス窯)を焚いてみようと思っている。
頭の中を、リセットして、一から考え直してテストしてみたいことがある。

頭洞里の井戸茶碗に使われていた釉薬原料の「水(乙)土」
mizutsuchi.jpg

この土を見ていると、長石を用いた釉薬ではなく、土と灰による釉薬を試したくなる。
灰も、木灰と貝灰(再び)・・・。

もう一つ。
長石そのもののテストだけれど、昨年テスト焼成してみたら、
高麗青磁の雰囲気が感じられたことと、生焼けの高麗青磁の陶片を虫眼鏡で見ていると、
この長石の溶け方と似ているところがあるので、なるべく持ち味を生かした調合にして、
再度テスト焼成してみたいものがある。

なんだか、轆轤を挽いている時以外は、頭の中が忙しい。
試してみたい調合、試してみたい原料、テストしたものを生かすために再テストしたい原料、等々。
陶片を眺めながら考えていると時間が経つのが早すぎて、テストしたいことが山盛り。
テストして少しずつ整理したい。

結局、これらは私の中では、繋がってくるのだけれど。
粉青沙器や高麗青磁や高麗茶碗、井戸茶碗へと。
ああ、もう一つ。黒高麗の釉薬テストもすすめたい原料がある。

頭洞里の土
ido-tuchi.jpg

7月には、もう一度、韓国へ飛んでみる。
今日、崔先生から電話をいただいて、頭洞里で予定されていた井戸茶碗の資料館開幕セレモニーが市長のスケジュールで10月に延期となったそうだ。
私は7月の陶芸講座の日程を調整してしまったので、空いている週ができてしまった。
これを機会として、一週間ほど頭洞里に滞在して、井戸茶碗の土や釉薬について、さらに確かめて、学びたいと考えている。
posted by 丸山 陶李 at 18:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
おひさしぶりです。
写真見てたらまた韓国行きたくなりました。
Posted by 臨時君 at 2011年06月02日 19:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45622105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック