2007年06月30日

個展作品紹介2

志野に取り組み始めて、まだ五年です。
長時間の志野の焼成は私の灯油窯では無理かと諦めかけていた矢先、
緋色を得ることが出来た、記念すべき二点の作品でした。
中学生の時に出会った志野というやきものが、私が「陶芸家になりたい」と思った最初の原点でした。
この二点を契機に、志野の作品を更に追求して行きたいと思いを新たにしました。

DSCF0883s.jpg DSCF0852s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 14:09 | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4538412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック