2007年06月21日

三嶋先生とツーショット!

今日は、ゆっくりした日になる予感がして
粉引大壷に投げ入れようと山茶花の枝を折ったり、
展示台を、もう一台搬入しようとたくらんだりして
ゆっくりと出かけました。

電車の中で携帯が鳴り、
予想に反して、お客さまがお待ちとの事。

今日いらしてくださった皆さんとは椅子に掛けて
ゆっくりお話できました。

初個展以来の友人、最近起業なさって二つの会社を経営されていると近況を伺い、まったく年をとっていないお顔にビックリ。
ちょうど水彩画家の明輪先生も在廊中で「団塊の世代とは?」について教えていただいたりして談笑。
いつも誉め上手な明輪先生に、開口一番、
「ますます若く美しくなってないですか?」と言われ爆笑!
アリエマセン・・・。
「作品も、どんどん良くなっている」
と言われた頃には、すでにエクスタシー(爆)。

その後、思いがけず油彩画家の三嶋哲也先生が、
Tシャツ姿でいらしてくださり、感激。
三嶋先生は、私の中では画壇の「スター」なのです♪
お客さまが作品を見てくださっているのを横目に、三嶋先生とお話に花が咲き(私が話していただけか?今となると疑問です・笑)
楽しいひと時の上、さらにお願いして先生とツーショット!(汗)。
一応、先生にも画像をチェックしていただき、今ブログにアップしながら自分のあつかましさに笑っちゃいます。
でも何だか「やった!」という達成感がこみあげてくるのは何故。。。
DSCF1170.JPG

11月の三嶋先生の個展は池袋東武百貨店とのこと。
先生とちょっとした密談交渉成立(謎)。

お話の途中、三嶋先生が陶芸の「辰砂(しんしゃ)」の発色についてご存知で驚いた。絵画の話、公募展についての話に加え、陶芸についても話せて、最高潮。

その後、札幌から会場に駆けつけてくださったH先輩。
ビックリしました!
ご本人も私を驚かそうと思って、東京にいらしていることを知らせなかったとの事。嬉しい再会。先輩いつもありがとう♪

しめくくりに昨年もいらして応援してくださっているAさん。
昨日もKさんとお目にかかった時、昨年より美しくなられていて、わからなかったのですが、今日もAさんを一発で認識できなかった。みなさんが美しく年を重ねていることには間違いないので、こういう驚きは嬉しいです。

明日は開廊と同時にいらっしゃるという方から連絡が入っているので、早起きして出かけます。

今日はゆっくり会場の撮影をできましたので、一部アップします。
DSCF1172.JPG DSCF1173.JPG

DSCF1174.JPG DSCF1190.JPG
posted by 丸山 陶李 at 21:17 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4444741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック