2011年03月30日

私のランターン

「わたしたちの魂の『太陽』が、この世界の面から憂いと闇の跡をひとひらも残さず追い払うまで、このランターンが芯を切り整えられ燃え続けて行くように、わたしはそれのみを願っている」(恵泉女学園創立者 河合道 著:わたしのランターン)

中部大学・武田邦彦教授が緊急インタビューに応じる。未曾有の被害をもたらした東日本大震災と同時に発生した大津波によって冷却装置に致命的なダメージを受けた福島第一原子力発電所-。想定外の放射性物質が大気中に漏れ出し、世界中から大きな注目を浴びている日本の原子力政策のウラ側を大暴露する武田教授。メディアを信じられない人は必見です。

原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)


この動画の最後に武田教授が語っている言葉、それに尽きると思うのです。
「万機公論に決すべし」そういう立場に立てる人じゃないと駄目なんです。
技術がもろいから、と思っているからいつまでも解決しない。
そうではなくて、「人の心」なんです。
巨大技術には、人の心が一番重要なんです。


私も、3.11からの原発事故に関して、憤りを感じている部分があるが、
それは、事故が起こったことに対する憤りではない、
事故となる以前からの体質、管理、人の扱い。
そして過去から現在に至るまでの、小さな人々の人権と命をモルモットのように扱い、
当事者の事故後の対応においても、責任回避を策略し、責任転嫁を考え、権力だけを振りかざす横柄な態度の散見に、どこに「人の心」があるのか?と感じたことが憤りの原点でした。

昨日、母校「恵泉女学園」の恩師から電話がありました。
同窓会名簿を見て被災地の同窓生の安否確認をしているそうです。
何度も茨城在住の私に電話をいれてくださったそうですが、
ようやく昨日つながったとのことでした。
(電話回線がつながったというのではなく、私が留守で電話に出られなかったことが原因ですが。)

「私の作品は半分程損壊し、陶房はこぼれた釉薬の水で水浸しで乾燥中の作品は全壊しましたが、東北の皆さんの辛苦は如何ばかりかと思うと、大震災の被災者の皆さんに何かできることがあれば、と考えています。」と恩師に申し上げると、
「あなたらしいわ。あなたのような逞しい卒業生がいることを知って嬉しいわ。」と仰ってくださいました。私は「恵泉スピリットですね」と申し上げました。

冒頭に引用させていただいた、恵泉女学園創立者の河井道先生の言葉。
恵泉の卒業式では、卒業生がランターンをかざし、そのランターンの灯火を灯し続けて行くことを胸に巣立っていきます。そのランターンの意味が冒頭の言葉なのです。
「恵泉スピリット」は、「砂漠に花を咲かしめめなん」とするスピリットです。

「和魂西才」「才を開花させるには、魂がどうであるかが大変に重要だ」
「人からどう思われようとも、自分のミッションを分かっている人」
「名も無き大衆の中に、英雄を凌ぐりりしい人達がいる」
母校の精神と、武田教授の最後の言葉が、私の中でパチンとつながりました。

小さな声であっても、私は私のランターンを、私の生き様の中で掲げ続けて行きたいと思っています。



posted by 丸山 陶李 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44039556
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック