2011年03月23日

【緊急中継】広瀬隆/広河隆一 「福島原発で何が起こっているか?−現地報告と『原発震災』の真実」



かつて、加藤唐九郎が(陶芸に関してではありますが)【学者の言うことは、あてにならない】と書いていましたが、学者・専門家のお立場により、命に関わることまで軽く扱われるのはたまらない。

さらに、現存する危機感を直感している人々に対し「過剰反応している人がいる」などという言い回しをして一体どこに、国益や国民の安心を求めよ、と言うのだろうか?

実際、福島県から埼玉アリーナに避難してきた人々の中に、はっきりと「今まで、安心・安全だからと私たちを説得し原発を作り、こういうことになった。騙したんだ。」と言う高齢者がいらっしゃった。

現在のこの深刻な原発の問題に関する報道にも、隠された「不都合な真実」があることを、私は震災直後から、福島原子力発電所に関しては直感していた。

「ただちに影響の出る値ではない」
「現時点においては」
何百回、この報告を聞いたことだろう。


これだけの災害(原発)が起きていているのに安全・安心な原発だとまだ言い切ろうとするのか。
国民をパニックにさせないために、報道管制を敷き、海外では報道されている画像やデータをNHKでは隠蔽して報道しない。

同じパニックでも、正しいパニックが今最も必要なのではないだろうか?

北海道や関東以南の人々は、私たち関東在住者よりも、いくらか危機感が違うことも感じているし、また幼いこどもを抱えた人よりも、こどものいない人の方が(一部)、この危機に対しても楽観的でありたいという願望が強いようにも思う。楽観も良い、パニックになりたくないという願望も良い、しかし自分中心な視点では今回の事態を冷静に洞察することはできなくなるのではないだろうか。地震や津波の被災者ではなくとも、日本に住んでいる限り、原発の被災者となる可能性は否めないのだ。それが徐々に明らかになりつつある。

被曝の恐怖を熟知しながらも、命がけで作業にあたってくださった消防隊・自衛隊・警視庁等の皆さんには心から、「ありがとうございます!」と映像を拝見しながら、涙した。

しかし、政府は原子炉の冷却だと言っているが、放射性物質の洗い流しでもあること、そして私たちの地球の大切な「海」や「大気」に放射性物質を拡散させる作業ともなっていたことを、今現在、政府は言おうとしない。

同時に、知る人ぞ知る
「原発奴隷」と密かに海外でも報道されてきた原発労働者の皆さんがいることを原発という存在にはつきものであった事実からも決して目をそらしてはならないだろう。


また、大震災後の雨に打たれて私は原爆の黒い雨を思い出した。


放射能の恐ろしさは、今日明日に結果がでてくるものではない、上記のニュースで最近ようやくわかってきた被曝の恐ろしさ、それは何十年にも渡って人体を蝕んでいくこと、体内被曝は見えないし、二度と体から除去できない。上記ニュースでは、国がその責任をとることを回避してきた歴史的な事実も同時に明らかになっている。

大震災の直後に、原発のニュースを聞いて、これは非常事態だと思った。
「一刻も早く大阪方面に逃げろ」「トルコにすぐにいらっしゃい、あとのことは心配しないでいいから」そう言ってくださる海外の友達もいた。

私自身、飲料水が確保できなかった震災直後(買い占めの影響、井戸水である我が家は飲料水が手に入らないのは死活問題となった)、ガソリンも給油できない状況、銀行のATMも使えなかった。逃げるにも逃げられない状況。飲料水を長野から「送ってあげるよ」という友人もいたが、宅配便も受付を止めていた。腹をくくるしかない状況だったが、海外の友人は「あなたは勇敢か、さもなければクレージーだ」とも、はっきり言われた。それほど、海外から見ている人々には、茨城県も危険なエリアであることがハッキリとわかるのだった。
私は、こういう時にこそ、真の友人がわかると心底体験させていただいた。

老いた父が「納豆が手に入らない」と電話してきた。スーパーに開店と同時に行って少しでも父に納豆を食べさせたいと思ったが、開店前から行列で既に売り切れ。
売り場から父に
「おじいちゃん、スーパーに開店と同時に来たけれど、今日の分は納豆売り切れで送れない」と携帯電話で連絡したら、気の毒に思ったのか店の人が自分用に確保した納豆一パック(三個)を売り場に戻してくれた。携帯電話を切って手にしようと思ったら、横から来たおばさんが、サッと取ってかごに入れてしまった、「すみませんね」と笑いながら…。日本人の譲り合いの美徳なんて通用しない人種が確かに存在する。

日本の政府を、NHKを、東京電力を、そして名ばかりの友を、全てを鵜呑みにしない。
一所懸命対応しているのは事実として認めるが、不都合な真実を公表せずにパニックを回避しようとする姿勢には、とことん呆れた。

体内被曝、まず犠牲となるのは、幼いこどもたちである。
私は黙っていても、せいぜい後二十年程生きれば死ぬだろう。
大人には被害は少なくとも、小さなこどもたちへの影響は目に見えないだけに恐ろしい。

福島や茨城の酪農農家では牛の殺処分を決めたところもあると報道されたが、
牛が殺されなければならないのは、放射能で汚染されたものを食べたからではない。
私たちと同じように、ただ「息」をして吸い込んだだけである。
牛が呼吸しているだけで原乳に放射性物質が検出される、同じ大気の中に今私達は生きているのだ。

私は、カトリック信者であるが、この度ほど、カトリック教会では「地球や人類に甚大な被害をもたらすこともある」原子力発電について、どのように解釈をしてきたのか知りたいと思ったことはない。原発奴隷と海外で報道されてきた人々の人権を、自由意志による選択だと許して良いものなのか?彼らは、その危険な作業の説明すら満足に受けていないのである。科学の発達の名のもとに、そのパラドックスが人類や生命への危険を孕むものを良しとしていいものか?、今、その事に強く逡巡している。

追記:
ブログを書いた後、次々と実態が報告されている。
30キロ圏外でも甲状腺被曝の恐れ (原子力安全委が試算)
甲状腺は、水道水から検出された沃素によるものだろうが、外部からの放射線被曝もさることながら、「体内被曝」は、体から取り去ることができないし、目に見えるものでもないので、政府が「ただちに身体への影響はない」というコメントを繰り返しているのは、「徐々に身体が蝕まれていく」と言えない事実の存在を知りながら、なおも気休めの報告しているということだ、「ただちに避難せよ」と言うべきであろう。

茨城県は23日、東海村の一般家庭で県が同日採取した水道水から、乳児向けの暫定基準値を超える放射性ヨウ素が検出されたと発表
東京がまず発表されたのに、福島に近い茨城の検査が後から発表されている。水道水が汚染されれば、我が家のように井戸水に飲料水を頼っている家庭では、飲料水の確保が必要になるが、給水車は断水した上水道完備の所だけだ。行政の落とし穴で私たちのような家庭や農家が存在することを一体誰がキャッチしてくれるのだろう。

土壌から高濃度セシウム=福島原発40キロ地点−文科省
文部科学省は23日、東京電力福島第1原発から北西に約40キロの福島県飯舘村で採取した土壌から、1キログラム当たり16万3000ベクレルの放射性セシウム137が検出されたと発表した。セシウム137の半減期は約30年と長い。同じ地点から放射性ヨウ素131も同117万ベクレルが検出された。
海からも、大気からも、土壌からも、放射性物質の恐怖は目の前に来ているのだ。

---------------------------------
これら追記したことは、原発のニュースが入った時点で、素人の私でも危険を察知していたことだ。ましてや、政界・学者たちは解析結果を待たずとも充分予想できる範囲のことだろう。「今すぐに影響はない、直ちに身体に影響はない」発言は、「将来このような状態になる可能性もある、その際には東京電力と国は逃げません、国民の皆さんの健康には責任をもって参りますから、安心してください」と言うべき、しかし「何十年後の責任回避したいから言えない」心理が見え隠れする、重大で深刻な事態である。

----------------------------------
追記2:2011/03/24
世界の水道水の放射線基準値 WHO基準 1ベクレル、ドイツガス水道協会 0.5ベクレル、アメリカの法令基準 0.111ベクレル。日本は、3月17日に突如改訂して、300ベクレル 
http://ankei.jp/yuji/?n=1325 政府のやり方は汚い

追記3:2011/03/24
必読】鶴岡憲一「東電と経産省が増幅した原発災害」。元読売新聞編集委員、気骨の伝統の社会部記者であった氏の渾身の論考http://eritokyo.jp/independent/tsuruoka-fnp001.html
posted by 丸山 陶李 at 22:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
ありがとうございます。
どんな情報を信じればいいのかもわからず、
どんな情報があるのかもわからずに心だけが
焦っていた私にとって、このエントリーは非常に参考になりました。
今勤め先なのでまだ動画は見られていませんが、
今日中に必ず見ようと思います。
非常に冷静で、実直で、重大な内容だと思います。
これを書いて共有してくださったことに心から感謝します。
Posted by チエ at 2011年03月24日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43970800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック