2011年03月12日

M9.0(気象庁の発表変更)

まず、この地震で亡くなった犠牲者の皆様のご冥福を祈ります。
仙台白百合の修道院・学生・教職員の安否がまだ確認できません。

私は夜勤明けの朝帰りで、入眠剤を服用し熟睡していました。
夕刻、異常な揺れを体が察知し、おぼろげながら目を覚ましました。
ベッドから起き上がりましたが、目眩がします。
最初、体がフラフラとして、うまく歩けない感覚は、目眩から来ているのかと思いました。
歩けないほどの揺れが、地震によるものだと知覚するのに少し時間がかかりました。

今まで、経験したことのない大きな地震でした。
犬を外に繋ぎ、窓を全開しました。
廊下や陶房には、本や展示棚から落ちて割れた作品が、砕け散っていました。
歩くにも素足では危険と判断し、ウォーキングシューズを履いて廊下や陶房にの陶片を寄せながら道を開けました。

携帯電話は全く繋がりません。
ラジオを付け、インターネットを接続、テレビはないので、インターネットが情報源です。
幸い、私の住む町は停電をまぬがれたので、電気は確保できていました。
都市ガスをひいている家は、ガスの供給も止まりました。
水ですが、井戸水は電力で汲み上げているので出ました。
しかし、濁っており、苔のような物体が混じって飲用できません。

近所の大きなスーパーも閉鎖、コンビニも閉鎖。
ホームセンターは買出し客で超満員で、ペットボトルの大瓶は売り切れでした。
仕方なく、他のコンビニに入ると、ジュースのペットボトルが数本購入できました。

余震が絶え間なく続いています。
この地は、沼だった所で、地盤が悪く、揺れも激しいようです。

さきほど、防災担当者が被害状況の調査に来ました。
・作品の損壊。
・住宅の内壁の亀裂があちらこちらに入ったこと。
・井戸水が濁り飲用水が確保できないこと。
を報告しました。

ご心配いただいてメールや電話をいただいた皆様、ありがとうございます。
私も友人やお客様など、心配な皆様に電話やメールをいれましたが、
安否がわからない方もいらっしゃって、心配しています。

陶房がめちゃめちゃな状態で片付ける気が起こりません。
釉薬をいれているバケツから水が揺れでこぼれ床が滑ります。
studio.jpg

私の部屋。壁の亀裂です。
wall.jpg

粉引大壺・Futureなど大きな作品が割れました。
ダンボール二箱、割れた作品たちです。
pottery.jpg

まだ余震が続いています。
各地の被害状況をインターネットで拝見しながら
M8.8という地震の巨大さがどれだけの被害をもたらしたか、驚きとともに
大きな悲しみを覚えております。
まだまだ油断できない状況です。
救助作業の進展と被災なさった皆様のために、祈ります。


facebookでは、70人以上の世界中の皆様からメッセージをいただいています。
http://www.facebook.com/photo.php?pid=189377&l=aedddba271&id=100001827578361
「世界は日本を祈りと共に見守っている。私たちにできることがあれば言ってください。」と。




posted by 丸山 陶李 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43803310
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック