2011年02月11日

雪がすべてを真白に包む



雪がすべてを真白に包む
冬がそれだけ汚れやすくなる
汚れを包もうと また雪が降る
---私は 見えない時間に包まれている

混声合唱組曲「心の四季」より「風が」
作詩 吉野 弘  作曲 高田 三郎

画像 001.jpg

かつて所属していた合唱団で合唱祭に、この曲を歌った。
厳しい指導で有名だった指揮をされた先生も、すでに他界された。
(作曲者の高田三郎先生の指導も、相当厳しかったことは有名ですが…。)
歌は、歌詞と旋律が、体に涵養されて、
ふと、口に出てくる。

高田三郎氏のその旋律の美しさに、吉野弘氏の歌詞の深さに、
年を重ねて、ひとしお感じ入るものがある。
今日は雪。
posted by 丸山 陶李 at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43365239
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック