2011年01月05日

器の味

20110105.jpg

年末から正月三が日もアルバイトで、ゆっくりできなかった。
昨日、今日と二日間、遅めのお正月。
三が日のおせち料理は、こどもたちがお重に詰めてくれて嬉しかった。
娘も、おせち料理を大分覚えてくれたようだ。

娘も帰って淋しくなったが、
昨晩、久しぶりに一人、食べ物の補充に買い物に出た。

お正月の残り物でしょうか?
塩数の子やタコなど、まだまだお正月料理の名残が並んでいます。
それも、安くなっていて…。

年末以来ですが、再び塩数の子の塩抜きをし、タコのサラダを作り、
クリスマスの残りの赤ワインで、ちょっとシミジミしている年頭です。

大井戸茶碗が今年こそ生まれてきますように。
土と炎と、向きあって行きたいものだと思います。


独酌前に、写真を撮影。
「刷毛目盃」には数の子を。
「三島手十字紋輪花鉢」には蛸サラダを。
「井戸馬上杯」には赤ワインを。

器の味を楽しみながら。
器と語りながら。

思いめぐらすひと時です。
posted by 丸山 陶李 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42393100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック