2010年11月18日

井戸茶碗一考察・失うもの得るもの

井戸茶碗一考察、釉薬と土、焼成への雑感メモ。
先月の調合を少し変えた井戸茶碗。見事な梅花皮を得て、小貫入を失った
その後も、テスト窯で、二度、釉薬を調合しなおしたものをテストしている。

藁灰を加え、酸化焼成から中性炎で焼成すると、枇杷色に発色するが、これは、藁灰の中の成分、例えばカリ分の影響を受けてのことで、藁灰を40%加える藁灰釉では、灼熱減量で、釉薬が流れ縮んだ土の部分は緋色を呈することと同じ原理だ。

しかし、藁灰を少し多めに調合した井戸茶碗では細かい白い梅花皮を得ることはできても、9月前に私が調合して用いていた井戸用の釉薬で得られていた小貫入は、まだ得ることができない

ただ、新しく調合した井戸の釉薬のテスト結果から、私の本窯(灯油窯)での焼成が、幾分カロリーがかかりすぎていた為、梅花皮が溶けすぎて、白く残らず透明になりやすかったことが、しっかりと把握できた。

胎土に混入する砂の粗さも、何か一考察を与えてくれている。

胎土の調合に関しては、ほとんど変えていない。とすると、やはり釉薬の調合と焼成の妙にキーポイントは絞られてきたように思う。

次の窯焚きでは、焼成カロリーのかけ方を変えてみる予定。
梅花皮が白くのこり、器胎の釉薬がよく融けて小貫入を得られるような理想の井戸茶碗、やはり「千に三つ」だろうと、様々な井戸茶碗を見ながら思い知らされる。

藁灰の添加量。もともとごく僅かな量しか添加していないが、焼成と小貫入の間で、意外なところに試行錯誤の盲点があるように考えている。

小貫入の井戸茶碗(陶李作)
kokannyu.jpg

藁灰を少し多くした白い梅花皮の井戸茶碗・小貫入は出ていない(陶李作)
kairagi1010.jpg

「この追究を妥協すれば…」「これで発表してしまえば?」という言葉が脳裏をかすめる事がある。
窯焚き毎に、様々な肌合いと色合いを見せてくれるのは、原材料や調合だけでたやすく井戸茶碗が生まれることはないという一つの証しだろう。

本当に土と炎の迷路に入り込んでしまったように思わされることがある
行きつ戻りつ、で時は過ぎていくが…。
そのような時には、初心に還り、原点からなぞるように思い返す。
今までのテストピースや、陶芸メモが本当に重要だ。
土・釉薬・焼成。そしてそれらの原材料。
私は決して妥協しない。
私の求めている「私の井戸茶碗」が生まれるまで。

posted by 丸山 陶李 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41763808
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック