2010年10月23日

細川護煕展

細川護煕展のDMが届いているのですが、
京都の「古美術 柳孝」で10月30日(土)〜11月1日(月)まで。

いつも茶碗がDMに印刷されていることが多かったのですが、
今回の細川さんの作品は、陶板でした。
釈迦が真ん中で、二人に囲まれているのでしょうか。
陶板ではなく、石彫刻かもしれません。

画像 330.jpg

陶芸・書・漆・彫刻…いずれにしても多彩な細川護煕氏。
このような作品群から感じられるのは
奥行きの深さでしょうか。
人間としての魅力でしょうか。

作品は、自分という人間をありのままに具現するものだと思います。

「茶碗は毎日死と隣り合わせに生きていた時代の武将たちの要望により生まれた。常に死と直面して生きた武人たちが「死に水代わりに」茶を点て献じてきた。この世で最後に口にするものが茶碗。茶碗本来の存在意義を考え普段使いの飯茶碗と違い一品に命を込める思いで陶工は作るべきであろう。」小川哲央


井戸茶碗を通して、私も「一期一会」の茶碗の凄さを表現していきたいと思います。
先週、出会った小川窯の小川哲央さんの言葉です。
小川さんは、私の慕っていた岐阜の土掘りさんが亡くなる前に、すべてを委ねていった方です。心に沁みる言葉です。
posted by 丸山 陶李 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41451421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック