2006年02月28日

食道楽

mixiのお友達が、面白い文を掲載していた。
心理学者の小田晋さんの著書に「芸術家 文豪には食道楽が多い」という考察があるそうだ。

モーツァルトは卵焼きに目がなかったし、引用すると「 これらは小田晋(1)著『モーツァルトの目玉焼き』(はまの出版)の「食卓が鬼才を生む」の章にみえる逸話だが、このほか同書は、「胃袋が権力をつくる」「味覚が人格を左右する」「食べ物が文化をつくる」の全4章から構成されている。 」ということらしい。

私も食べ物に釣られて、お友達のお誘いにホイホイ乗ってしまう。
「美味しいお店見つけたんだけどね、いかない?」なんて電話もらったりすると普段重いお尻が軽々と・・・「行く行くぅ〜」となってしまう。

これは、学生時代から全く変化ない私の弱点(?)
食道楽です!

大好物のサザエの話に釣られて、伊豆に行こうかなぁ?と動揺したりしている私ですから・・・。

お寿司(貝)、らぁめん、ハンバーグ、この三つは定期的に食したくなる定番です。

取手近辺のラーメン店を、タイミングが合えば入って、美味しいラーメン屋さんとめぐり合う日を楽しみにしています。

これは駅前のラーメン屋さんで食べてきた、フツーの醤油ラーメンです。
味?・・・内緒。

murakosi.jpg
posted by 丸山 陶李 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/409847
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック