2010年05月31日

A.カルペンチール神父様の個展に

私も2007年に個展を開催させていただいた「銀座・教文館 エインカレム」で、ベルギー・アントワープ生まれの今年92歳になられるアルベルト・カルペンチール神父様の個展が開催されています。

20100531-2.jpg

午後2時からは、神父様が在廊されるとのことで、今日の午後伺いました。三年ぶりにお目にかかりました。ベレー帽姿の神父様と作品や陶芸についてお話し、帰りには銀座の画廊周りを楽しみ、二人で銀ブラをして(神父様曰く…「散歩」)楽しい時間と霊的にも神父様の作品や人柄からも、多くのものを得て帰ってきました。

カトリック教会のミサで使用されている【聖書と典礼】の表紙の多くはカルペンチール神父様の作品です。ミサの時に、表紙に神父様の作品が使われている日は、それだけで、ほんのり嬉しいと感じます。

ステンドグラスや、油彩、版画、磁器の絵付など多彩な作品。ひとつひとつ丁寧に拝見させて頂きました。

【聖書と典礼】の表紙に使用された『三位一体』の作品を手に、神父様と写真を撮影して頂きました。

20100531.jpg

iphoneで写真やビデオを撮影。「変わったカメラですね」と面白がっている神父様です。



個展会場を出て、銀座のギャラリー巡りをし、神父様と二人で有楽町まで歩き、東京駅でお別れして帰ってきました。

カルペンチール神父様の個展は、銀座教文館エインカレム(アップルの横)で、6月6日{日)まで開催中です♪お時間あれば是非どうぞ!
posted by 丸山 陶李 at 11:29| 夢は枯野を