2010年05月27日

アルベルド・カルペンチール神父様個展

先週から、過労と感染症で一週間寝込みました。
整形外科・内科・耳鼻咽喉科で診察しました、処方された薬は、一週間分の抗生物質。調べたらピロリ菌の除菌にも使う薬で、お腹がゆるくなって辛かったです。
ようやく、薬も飲み終えて、体調が回復してきました。
ちょうど寝込んでいる時に、ALS患者の人工呼吸器をはずした医療関連記事を読み、どんなにか辛く苦しい状態でしょう…と、呼吸できることの有り難さを実感しました。当たり前のことなんてないのかもしれません。

今日は、父に「らっきょうの塩漬け」を作りました。明日、宅急便でおくります。母の味を思い出しながら、毎年作るようになりました。父の喜びの電話が何よりも嬉しいです。

さて、カトリック美術協会でもお世話になりました、
【聖書と典礼】の表紙を飾っている
「ステンドグラス作家のアルベルド・カルペンチール神父様」の個展が「銀座エインカレム」で開催されます。

5月29日(土)から6月6日{日}まで、
ステンドグラス・油彩・手彩色版画など主イエスのご生涯を描いた作品です。東京都中央区銀座4-5-1

http://www.kyobunkwan.co.jp/EinKarem/eventkarpen.htm

eventkarpen1.JPG

【細川護煕展】のDMが届いています。
「細川護煕展」6月1日(火)から5日(土)まで、
日本橋「壺中居」で。10時から18時です。
ご興味のあるかたは是非、いらしてください。細川元総理はずっと在廊予定だと思います。
今年の案内状には、「志野茶碗」が掲載されていました。

「十字架の花」ドクダミの花。白い十字架。匂いを嫌う人もいるが、私には小さい頃タライで行水してもらった思い出と共に、ドクダミの香りは懐かしい香り。今年は庭にドクダミが沢山。
? 151.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:25| 夢は枯野を