2007年04月14日

"573分の16"のエール

今、東京の練馬区に来ています。
明日、告示される統一地方選挙の第二弾で、練馬区議の野崎たかおさんを応援するためです。

応援と言っても、できることをさせていただくだけ。
この選挙戦に、野崎さんの応援で参加することを誇りに思っています。

明日の告示と同時に、練馬区内573箇所ある区議選用のポスター掲示板のうち、16箇所に私がポスターを貼る予定です。
だから今日のブログのタイトルは、"573分の16"のエール

野崎さんは、前回の初当選した選挙でも、まず選挙のやり方から変えていかねば・・・と、お金のかからない選挙を実行し、
自転車の若者たちが、区内のポスターを貼って回ったそうです。
当選後も、強い信念をもって四年間、区政にとどまらず全国にも、その行動と主張は注目されてきました。

清々しいほどに、強い信念で地方自治に取り組んでいらっしゃる姿は、練馬に限らず、多くの人の共感を呼んでいます。

また先日は、読売テレビの全国放送のニュースでも、野崎さんが全国でも数少ない議員の「費用弁償」受け取りを拒否している人として大きくクローズアップされましたが、

政治と金銭の汚い関係を率先して断ち切り、
「議会活動でこそ議員は評価されるべきであり、自分の信念を貫いて選挙に落ちるなら本望です、宣伝カー、電話作戦などの選挙活動はしません。」
と、今回も、歩いて街頭で四年間の議会活動や未来への提言を訴えていく、ということです。
ご自分の給与明細も、すべてHPで公開しています。

私のこのブログの「お気に入りリンク」にも、野崎さんのブログをリンクしてありますので、関心を持たれた方は、ぜひ訪問してくださいね♪

というわけで、個展前の日ですが、今日・明日は野崎さんのポスター貼りに全力投球です♪

ポスターが告示後、くまなく速やかに貼られている候補者には、勢いを感じるものです。
私も、勢いをもって精一杯の応援であるポスター貼りをしようと見知らぬ土地の地図を眺めながら研究中です。

政治家に対しては、不信感と失望の多い私でしたが、
野崎さんは、信頼と希望を置ける人だと、確信しています。
未来への不協和音ばかりが聞こえ、漠然とした不安が常に存在する不確実な時代だからこそ、彼のシンプルな政治姿勢に期待も高まります。

原子の力は、シンプルだからこそ強いのだと思いませんか?

070414_2118~0001.jpg

posted by 丸山 陶李 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3736918
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック