2007年04月11日

何気ないことが

先週の土曜日の講座を思い出して、
じわ〜っと、優しさに包まれています。

私は、事故があって遅刻したけれど、
初受講の生徒さんが増えて、気が回らなくなっていて、
いつも、自分で消す黒板の板書を、
気がついたら、六ヶ月ご一緒してきた受講生が消してくれていたこと。

釉薬掛けをしたので、床が汚れていたのも、
気がついたら、やはり受講生が雑巾がけしてくれていた。

釉薬掛けの準備も、教室に早く来ている受講生がすませてくれていた。

私が到着してから、中央に素焼き作品を並べるテーブルを出すのを
率先してやってくださったのも、旧受講生のみなさん。

ひとつひとつ思い出し、
講座の後、残っている受講生に、「ありがとう!」とお礼を言ったけれど、
こういう何気ない、皆さんの心配りが、私に優しさとなって伝わってきています。

半年過ぎて、口数多く会話をしたこともないのに、
受講生たちへの思い、そして受講生たちの私への気配りと優しさが、
ふつふつと思い出されて、暖かくなりました。

もう一度、この場を借りて
「ありがとう!」
皆さんを大切にしていきたいと心から思っています。

それから、ハーブ愛好者のお友達、RIRIさんが
いち早く、RIRIさんのHPで、私の個展を案内・宣伝してくださっていると、お知らせを頂きました。

http://plaza.rakuten.co.jp/tarotriri/

http://atelierriri.oh.land.to/

皆さんに、支えられている私を実感しています。
本当にありがとうございます♪
posted by 丸山 陶李 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3716627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック