2007年03月31日

桜象嵌板皿2007

毎年、その年の桜の思い出を閉じ込めた作品を個展で発表していますが、
今年は、板皿に桜を象嵌しようと制作中です。

今年の桜は、父との思い出になりました。

夜桜をテーマにした母の押し花作品は、私の初個展の時に
壁面を飾ってくれました。
多くの日本の皆さんと同じように、母も桜が大好きでした。

yozakura.JPG

母のお墓参りに、御殿場の富士霊園まで父とドライブし、
往復の道のりで満開の桜の見事さに、二人で歓声をあげたのでした。

2007年の桜の作品は、
父と見た満開の桜を大皿に閉じ込めようと制作に入りました。
今日は、キャンバスとなる板皿を制作しました。
明日は、象嵌作業に入ります。

後何年、父と桜を愛でることができるだろう・・・。
そんな思いも心の中から込み上げてきます。
万感迫る制作となりました。

こちらが、2007年の桜象嵌板皿の構図(予定)です。
作品タイトルは「宴(うたげ)」の予定。

tuki-yozakura-sjpg.jpg





posted by 丸山 陶李 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作過程・窯出し作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3627639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック