2010年03月05日

「砂漠に花を咲かしめなんと…」

「砂漠に花を咲かしめなんと…」母校、恵泉女学園の校歌。恵泉の校歌は勇ましい。歌詞も曲も、美しくたくましい。今日、下重暁子さんの著書を読んでいたら、「春来てごらん、砂漠に花が咲くよ」という、ベドウィン族の言葉が紹介されていた。砂漠に花が咲く!読みながら想像して舞い上がった。

「シリアやヨルダンの砂漠では、冬少量の雨が降るので春草花が育つ。小さな白、ピンク、紫、黄などの淡い花が一面に咲いてその美しいこと。雲雀に似た鳥も空高くで鳴いている。」ベドウィン族に「春来てごらん、砂漠に花が咲くよ」と言われたわけがよくわかった。と下重さんは綴っていた。なるほど!

地球に海ができるのには三千年もの間、雨が降り続いたから。海の塩加減は昔も今も同じだという。海には地球の元素が皆含まれている。海があるから雨が降る。海がすべてのものの母と言われる所以。羊水は海と同じ成分。砂漠に花が咲くことを、頭で否定し鼻で笑うのは、想像力以外の問題だった…。

庭の白梅の良い香りを閉じ込めたくて、陶房に一折。粉引一輪挿に(陶李作)
DSCF4410.jpg

物原に割捨てた井戸茶碗の陶片を拾い上げると、雨漏りが出たり、苔がニュウに入り込んだり、骨董好きにはたまらない育ち方をしている。陶片収集癖があるので、物原で育っている陶片を見ていると時間が瞬く間に過ぎて行く。陶片で小道具も面白い。

DSCF4418.jpg
posted by 丸山 陶李 at 23:07|