2007年03月25日

眠ったら最後‥

個展に出品予定の作品を制作後、一息。
友人がメッセンジャーで
ニュースのURLを送ってきたのでクリック。
「あ。地震ね」
と、その時は、軽く受け止めてた。

とにかく東京は地震が多いので、
小さい頃から多少の地震ではビクともしない(笑)。

その後ニュースで、今日の地震は、石川・富山に被害と聞いて、
あわてて、陶李会の松嶋さんに、お見舞いの電話を入れた。
松嶋さんは、富山では唯一のお客様。
札幌の陶房にも二回、ご来訪いただいているし、
長野個展では、富山から駆けつけてくださっている方。

久しぶりに携帯で話し安心した。
稼動中の工場も被害はなかったと確認したそう。
東京と違い、あまり大きな地震がなかった地方だけに心配だった。
良かった。

小さい頃、地震が起きても(かなり大きいやつ)、
起きない私を、父はおぶって外に出たという話を、よく聞かされた。
地震に限らず、多少のことでは眠ったら最後、起きない私。

東京に大地震が来た時に、
家の下敷きになって、天国に行くのではないか?と
我ながら、熟睡・爆睡の自分が心配だけど
そうなったら、それを良しとしよう。

いつも聖書のある箇所を読むたびに
「私もそうだ」
と思うところがある。

イエスがゲッセマネの園で祈り、
弟子のところに戻った時、弟子たちは眠ってしまっていた。
その時のイエスの言葉。

「どうしたのだ。
 あなたたちは、一時間さえも、わたしといっしょに目を覚ましていることができなかったのか。
 誘惑に陥らないように、目を覚まして祈りなさい。
 心ははやっていても、肉体は弱いものだ」。

 (マタイ26:40 フランシスコ会訳聖書より)


posted by 丸山 陶李 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3595843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック