2010年01月23日

モーリス・ズンデル神父の言葉

真の芸術家や科学者たちに、彼らの探求の対象を何か宗教的な雰囲気で包ませるのは、多くの場合、漠然としていても、神を身近に感じるこの「直感」ではないでしょうか。自分たちが神の打ち明けにあずかっているかのように、彼らの使命が、宇宙のすべてを、その印を帯びている。

神がはっきりと現れるのは、つねに人間の内面化と解放によってです。いのちとは関係なしに観念的に悟られた神ではない真実の神は、このようにしてしか知られることはありません。それは私たちを回心させ、変容させ、私たち自身の自己中心主義を乗り越えさせ私たちの存在の根本にまで導く

最悪の無神論は、神を生きずに神を語り、愛することなく愛を論じる、一体その愛の内容は何なのでしょうか。人間は自分の不安、自己中心主義、個人または集団的な生物学的動きのうちに自分をも他人をも滅ぼしてしまう誤りのなかで孤独にとどまるでしょう。−モーリス・ズンデル−神は永遠の今。

昨年のクリスマス待降節から、モーリス・ズンデル神父の著書で黙想を続けてきた。つまるところ、アシジの聖フランシスコの貧しさの中に、ズンデル神父は心粋し、フランシスコに倣い、清貧の生活を思ったという。

神父様の霊性は、徹底的な優しさと、かくれんばかりの地味な服装にもみられる。4冊の著書が本棚に置いてあるが、十年以上に購入した本が、読まずに積読されておたので、新たに購入しなくてもことたりる、ということで読み始めましたら、もう、ズンデルファンになってしまって、でもお陰様で、たくさんの良い黙想をいただきました、

素晴らしい神父様の著作。深く観想へと導いてくれています。

posted by 丸山 陶李 at 01:49| 夢は枯野を