2010年01月05日

国宝 土偶展

「土偶展」から無事帰還。縄文土器を見る時には「使われたモノ」という視点があるので、デザインや制作エネルギーに圧倒されたが序の口だった。縄文人入り口として。土偶は「これ何?何に使うの?芸術?呪詛?何?何?」と「?」の連続なので一々説明を読みながら鑑賞するはめになった。

純粋に、ありのままを「受け入れられない」物体が土偶だった。謎と不思議と驚嘆の連続。副葬品が多いこともあるのか、あれは「鑑賞するため」のモノではない。大変なエネルギーと強い祈り、何らかの愛の篭りを感じる。疲れた、いやエネルギーを吸い取られてしまうような感覚になった。

仮面の文化?デスマスク?縄文の表現の緻密さ、新羅土器にも繋がっていった部分があると感じる。縄文人が日本に来て、日本に残した土偶。どこから来たのだろう。アフリカのイブが何度も会場で脳裏に浮かぶ。火焔土器に似た土器大作は、実は立体でありながら平面図にすると男女のダンスの様子。

一万三千年前の土の欠片。小さな欠片だったが、想像もできないほどの永い時を経て、眼前に存在する事実。弥生時代に比べるまでもなく某大な流れの中で縄文文化は日本全体を覆っている。縄文人のデザイン、紋様の一つ一つににはこめられてる意味、祈りがあるのは確かだ、と感じる。

かすかに空を見上げるような土偶たち。地を見下ろしている土偶はなかった。時に黒い漆の跡を残し、時に弁柄の朱色を残し、炭化された黒い紋様が炎がつけた紋様にも見え、制作した後にピカピカに研磨され焼成されている土偶や土の作品を見て、大地に生きた一億年もの人間の足跡だと思う。

女体のトルソーから始まり、頭や手足をつけていった土偶。土の塊を四パート接合した方法から中空となっていく。壊されやすい部分を意識したのか、学者の間にも様々な論議があり、定説はないという。輪を積む成形方法が明らかに「壊れやすい部分」を残しているのは接合部分の強弱の不思議。

東博で一番に足を向けたのは、土偶の待つ室ではなく、ある方と再会するため。数年前、ブログで「展示の仕方」に文句を書いたのですが、茶碗の「見込み」が見えない高さだったのです。高すぎて。今日は、かなり低い位置に展示されており、目跡も確認できました。「有楽」様を再訪してきました。

DNAからの考察!これでシュメールとの関係考察もでてくると縄文土器に個人的に「やはり!」なるんですが。。。やっぱり日本人の祖先は東南アジア経由で渡ってきたんだ。http://bit.ly/7arxMe

直感から始まった縄文土器や土偶の紋様、制作の情熱DNA、古代シュメール文化とその後のユダヤ・イスラム・キリスト・仏教との関連。人間の神秘、宇宙の神秘と地球。タギングしてきたことが無理矢理にでなく繋がりが暖かく流れてきている。家族には「シュメール病」と言われるようになったが (笑)。

? 139.jpg
posted by 丸山 陶李 at 02:11| 縄文