2009年10月19日

Ma Solitude

学生時代、PPMのコピーバンドを組んでいた。
銀座のYAMAHAライトミュージックコンテストにも出演した。
あの頃は、フォークソング全盛時代。

Twitterでフォローしている加藤登紀子さんは、いつも「1968年」のことをたくさんつぶやいている。加藤さんにとって、特別な時代だったんだろうと思う。

加藤和彦さんが軽井沢で亡くなった。鬱病で通院していたという。
最近は会うひとごとに「ありがとう」を口癖のように言っていたそうだ。
加藤和彦さんと北山修さん、はしだのりひこさん三人で「ザ・フォーク・クルセダーズ」を組んでいた頃、友人と日比谷野外音楽堂のコンサートに行った。彼らの歌は何曲も何度も良く歌った。今も当時のノートに歌詞とコードを書き込んであるので、ギターを爪弾きながら歌い続けてきた。

加藤和彦氏の歌をYoutubeで追っていたら、PPM(ピーター・ポール&マリー)の歌を聴きたくなって、アクセスしたら、Maryは今年の9月に帰天していた。晩年は杖をついてステージに上がり、椅子に座ってPPの二人と歌っていた。

PPMを追っていたら、大学時代に出会った「Georges Moustaki」の動画を発見し、アンニュイな歌声が懐かしく次々と脳裏に焼きついている彼の歌を聴いた。若かったあの頃よりも、更に更にこれらの歌が胸に響いてくる。

Georges Moustaki
Ma Solitude

Pour avoir si souvent dormi
Avec ma solitude
Je m'en suis fait presqu'une amie
Une douce habitude
Elle ne me quitte pas d'un pas, Fidèle comme une ombre
Elle m'a suivi ça et là Aux quatre coins du monde

Non, je ne suis jamais seul Avec ma solitude

Quand elle est au creux de mon lit
Elle prend toute la place
Et nous passons de longues nuits
Tous les deux face à face
Je ne sais vraiment pas jusqu'où
Ira, cette complice
Faudrat'il que j'y prenne goût
Ou que je réagisse.

Non, je ne suis jamais seul Avec ma solitude.

Par elle, j'ai autant appris
Que j'ai versé de larmes
Si parfois je la répudie
Jamais elle ne désarme
Et si je préfère l'amour
D'une autre courtisane
Elle sera à mon dernier jour
Ma dernière compagne.

「私の孤独」ジョルジュ・ムスタキ(Youtube)



posted by 丸山 陶李 at 18:43| 夢は枯野を