2009年10月05日

「頭の中だけで人権を考えてもしようがない。救ってこそなんぼですから」

国際NGOの日本代表・土井香苗さん 人権問題解決に全力

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/091005/sty0910050834004-n1.htm(産経ニュースへ)

国際NGO「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」の日本代表を務める土井香苗さんの記事が産経新聞に大きくとりあげられた。
「頭の中だけで人権を考えてもしようがない。救ってこそなんぼですから」と言い切る。

土井香苗さんは、「中学時代、難民問題について描かれた犬養道子さんの『人間の大地』を読み、問題意識が芽生えた。難民の置かれている現状に心を痛め、国際協力に取り組む仕事をしたいと考えたという。

こういう女性の存在に光を見ました。
posted by 丸山 陶李 at 18:12| 夢は枯野を