2009年01月24日

Good News!

Good News!というと、おそらく多数の皆さんは「何か良い知らせ?」をイメージすることでしょう。

私も、同じです(笑)。

実は「Good News」とは、
他ならぬ「聖書で福音のこと」「良い知らせ」であり、まさしく福音は良い知らせであるわけです。

年は明けて2009年となりましたが、
私たちは、ほんの少し前にクリスマスを祝ったばかりです。

クリスマス(Christmas)はキリストのミサという意味です。
私たちはクリスマス前の四週間を待降節(アドヴェント)を過ごしクリスマスを迎える準備をします。

典礼的にも、霊的にも、この待降節の持つ意味はとても重要だと思います。

待つこと・・・・・
そして迎えること・・・・・

ある意味、待ち続けることが、人の一生なのかもしれません。


私たちは「良い知らせ」を待っているのです。
そして聖書の福音は、紛れもなく「Good News」の宝庫であると言えるのです。

待つ心、迎える心で「Good News」を私たちへのメッセージを受け取りたいものです。

今日は、そんな私に「Good News」。
ローマ教皇庁 (バチカン市国) がYou Tubeにホームページを立ち上げ公開されました。

vatican-b.jpg

http://jp.youtube.com/vatican

私はメッセージを聴けること、そして動画で見られることに感謝しました。

昨年11月にも、カトリック中央協議会のサイトで「ペトロ岐部と188殉教者列福式」の様子をライブで中継していただき、インターネットの恩恵で、長崎には行けなかった私も、同時にミサの様子を拝見しながら異空間でミサに与り祈る一時を体験させていただけました。

日本でカトリックの列福式が挙行されるのは初めてのことですが(通常はバチカンで)、長崎のスタジアムに世界各国、日本全国から集った三万人の人々へ、司祭たちがご聖体を配るために雨の中散って行く姿には感動し、「全世界に言って福音を述べ伝えよ」「100匹の羊の群れのうち一匹を見失ったら、他の99匹を置いて迷える一匹の子羊を探しに行くだろう」という聖句が浮かんできて、病床でミサに与れない人にも、時間を割いてご聖体を運んでくださる神父様たちの姿が重なり、決して見捨てることはしない神さまを思い、そしてその神を信じ過酷で残酷な死をも受け入れた当時の殉教者たちを崇敬し、まさしく彼らは「この世の辛苦に耐えてなお、向こうには天の国が待っている、だからどんなにに苦しい時にも喜びだけは失わず、希望を持ち待ち続ける」ことを知った人々だったのでしょう。と、実感しました。何度も涙がこぼれました。ご聖体を配る司祭の姿に、希望を持つことができました。

バチカンからのメッセージがYou Tubeで配信されるようになったこと・・・
ともすれば陰湿なネットの使用をし、陰口や悪口の温床としているのを目の当たりにする昨今、身近にもそういう輩を見かける毎日ですので(笑)、

「良い知らせ」が公開されることにさらに大きな喜びを感じますし、You Tubeを利用するとは意外だったこともありますがバチカンの決断に拍手を送りたいと思います。

posted by 丸山 陶李 at 22:53 | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25872689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック