2009年01月18日

2009年個展決定

2009年の個展が決定しました!
■丸山陶李個展
銀座教文館エインカレム
・2009/7/24(金)〜28(火)


大井戸茶碗を発表する予定です。
皆さんのご来廊を楽しみにしております。

先週、井戸茶碗ばかりの窯を焚きました。
途中三回も停電が入り、灯油窯のロータリーファンが、その都度停止してしまうというハプニングが起きました。

攻め焚きで、すでに1200℃まで窯の温度が上昇していました。
こんな時に停電。しかも三回も!

でも、考え方ですよね。
こんなことは滅多に起こらないハプニング。
このハプニングが功を奏して、今回しかできない焼きになるかもしれないのですから!!

しかし危険極まりない事態でしたから、東●電力にクレームを入れたのはモチロンです(笑)。

三度の停電で、窯の温度がそのたびに100〜200℃は下がりましたから、元の温度に戻るのに時間がかかります。灯油燃料も予想よりはるかにかかりました。
幸い、いつも給油していただいているGSの方に事情を話したら、Emptyになりかけていた灯油タンクに即効給油にかけつけてくださいました。強風で電線が切れたのが原因で、近郊はみな三度停電したそうです。

時間をかけたせいで、いくらか溶けすぎた釉薬の状態もありましたが、釉薬が溶けすぎるくらいのほうが、小貫入が良くでることも実感しつつ、無事窯出ししました。

でも、この窯には「私の大井戸茶碗」として納得できるものはありませんでした。私自身が目指しているところには「帯に短し・・・」です。
66個の井戸茶碗を窯詰めしたのですが、そのうち、個展に出品できるのは二、三碗だと思います。小貫入・青井戸・古井戸茶碗です。大井戸茶碗は重量が×なのでゼロ!

●梅華皮、小貫入、色、形、焼成・・・悪くはないのです。
 ただ今回の茶碗は「重さ」が納得できません。
 口径16センチの大井戸茶碗でも350gが目標です。
 400gくらいのものがほとんどでしたので、やり直します。
 あと少し。もう少し!というのが本音での私の感触です。


個展までにまた茶碗ばかりを挽き、大井戸茶碗を発表できるように頑張りたいと思っています。

窯出しした井戸茶碗たち
DSCF3684.jpg
posted by 丸山 陶李 at 15:45 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25631535
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック