2017年07月17日

麗香茶課 夏休み特別講座『井戸茶碗の魅力から探る、日本人の美意識』

麗香茶課 特別講座
『井戸茶碗の魅力から探る、日本人の美意識 
 〜心に響く茶のうつわとは〜』

日時 8月26日(土)10:00-12:00
場所 スタジオビブロス赤坂
講師 丸山 陶李

touriaoido.jpg

=========================
Facebook イベントページはこちらです。
https://www.facebook.com/events/154302261803972/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2222%22%2C%22feed_story_type%22%3A%2222%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story
========================

******以下、公開イベントからの転載です。******

麗香茶課では8月26日(土)に特別講座『井戸茶碗の魅力から探る、日本人の美意識 〜心に響く茶のうつわとは〜』を開催いたします。

「一井戸 二楽 三唐津」とも言われ、戦国大名や茶人、豪商たちをも虜にした井戸茶碗。
16世紀頃に朝鮮半島から渡来した高麗茶碗と呼ばれる茶碗の一種で、日本では、桃山から江戸時代にかけて、侘び茶の道具として賞玩されました。日本人の美意識をもって国宝とまでなった井戸茶碗、なぜゆえに武将や茶人たちの心をこんなにも惹きつけたのでしょうか。

ご自身も長らく茶道に携わり、井戸茶碗や、李朝の粉青沙器を研究し作陶していらっしゃる陶芸家の丸山陶李先生をお招きし、作り手としての視座を交え、その魅力と、井戸茶碗の特徴などをわかりやすく説いていただく講座を企画しました。

今回の企画は茶の湯の世界に留まらず、中国茶、日本茶の枠を超えた「茶」の心に触れることのできる機会です。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

【講座内容】
・ 井戸茶碗の特徴と見所
・ 高麗茶碗とは何か?井戸茶碗とは何か?
・ 知る程に面白い、茶碗の「銘について」や「繕い」まで「美」にする日本人の美意識について 
・井戸茶碗の故郷、古窯址探訪と陶片
・現地でのうつわの用いられ方  など

* 講座後、丸山先生の作品の展示、販売もございます。

◆ 講師:丸山陶李氏(陶芸家)
慶尚南道茶碗公募展 審査員
【プロフィール】(陶の栞より)
中学時代に「志野」というその名も美しい白いやきものを知り、大学時代に「高麗・李朝」の陶磁器に惹かれ、古の陶磁器への憧憬は、陶片蒐集から始まり、陶磁器の原材料の探求や古窯址の踏査へと深まり、年を重ねております。
李朝の粉青沙器(粉引・三島・刷毛目等)を基軸としながら、高麗茶碗の美しさに惹かれ、特に井戸茶碗の佇まいには深い精神性を感じ、導かれるままに追究して参りました。
陶の道へと招いてくれた日本の桃山時代の「志野」も、李氏朝鮮時代の「井戸茶碗」も、「白磁」を目指す過程で生じたやきものであることを思いますと、「大和心」に響くやきものとは、「完璧さを誇らず、五感を触発し第六感をも誘い、心の機微に触れてくる触れてくる存在なのではないか」と、感じ入るものがございます。
 茶席において茶碗は、茶碗を選んだ亭主の人格をも映し出し、客は茶碗から亭主の人格をも感じ取ると言われます。
 美しく広い見込みは、すべてを受容する広がりと豊かさを感じさせられ、高台には陶工の魂が宿っているかのようです。
「魂の宿る」茶碗。
「死して茶碗を残す陶工でありたい」と、願っております。

■開催日時:8月26日(土)
■10時〜12時 

■講座料 4,000円 中国茶2種とお茶菓子付

■定員 30名

■場所:スタジオビブロス アカサカ (赤坂または赤坂見附駅より徒歩5分)
東京都港区赤坂4-5-21 バルミー赤坂
https://www.studio-bybros.com/map



■同日開催
同日14時より『茶道具フリーマーケット』を開催いたします。詳細はイベント別記事をご覧ください。

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。どうぞよろしくお願いいたします。

浦川園実(企画協力)
加藤多都子
富田直美

タグ:井戸茶碗
posted by 丸山 陶李 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180365718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック