2008年07月25日

諸々雑感

五月蠅い。私には蚊の方が五月蠅い。消灯後に頭の近くを飛ばれようものなら眠れない。「七月蚊い」と書いて「うるさい」と読ませたい。

連日の猛暑。暑さにはかなり弱い私が未だ元気。会社の冷房(時々、効き過ぎ・寒)で冷え過ぎる事もあるけれど、休憩時間に解凍。暑いより助かるけれど、エコが気になる・・・。

プラセンタ。猛暑にも効果を発揮してくれてるのか?と半信半疑ながら体験中。飲みはじめてから体調良いような。気のせいかなぁ。何の胎盤つかってるんだろ??気になる。

わたしだけじゃない。講義の時、板書しながら漢字がでてこない(涙)。パソコンの変換に慣れると手書きした時に漢字が出てこない。老化現象でもアルツでもない。わたしだけじゃない・・・はず・・・。

病院の待ち時間。長すぎ。通院は半日がかり。薬を処方していただくだけでも医師と話して、薬局へ行くと三時間は経過している。なんとかならないのかな。土曜診療が増えてきたのは助かるけれど。

バカリズム。笑えるというのでYouTubeで見てみたが、会社の人がバカリズムの真似するほうが何故か笑える。「トツギーノ」。たいした意味もないリピートに爆笑。

笑い。「人を泣かせるよりも笑わせるほうが難しい・・・」と教えてくれたアナタが素で面白すぎます。

個展。十月まで二ヶ月。今年の代表作品の構想。井戸茶碗にあけくれて、茶碗以外の作品制作がまだ。陶房のエアコン壊れて効かないし。猛暑と格闘しているのか、土と格闘しているのか、はたまた炎と格闘しているのか。汗か涙かわからない・・・。

モンスターペアレンツ。この世代の女性がコワイ。もちろんすべての人じゃないけれど。この世代の親に興味を持つ。着々と観察中(笑)。

梅花皮(かいらぎ)。天ざる注文したら生わさびと一緒に梅花皮そのものが出てきた。思わずイケメンの店員に「これホンモノの鮫の皮ですか?」と聞いてしまった(汗)。

TS3G0081.JPG TS3G0082.JPG

人は鏡。学ばせていただいた方に、ありがとう。

盛夏の和服。明日はお友達のお祝いの会。赤坂へ。久しぶりの和服。天気予報は雨。ハネあげるのが得意な私。用意した和服を眺めつつ。あ〜あ。

タヌキ道。タクシーの運転手さんが陶房の近くの道を走りながら「ああ、タヌキ道ね。」と言う。タヌキもイタチも出没するらしい。「え?」私が騙されているのか?と聞けば本当によく出没するらしい。

饒舌な女が作りし料理。学生時代に読みあさった立原正秋の著書「男の美学」の中に書かれていた一文。「嫌いなものは?」→「饒舌な女が作りし料理。」未だに思い出しては自省。

饒舌な男。苦手。

留守電。家電の留守電が入っていない日が続いていた。最近はみんな携帯に連絡してもらっているからなぁ、と気にもしていなかったけど、二週間前の落雷・停電以来、ずっと電話機が不通になっていたのに気がついた。(汗)。

カサブランカ。今年も咲き始めた。倒れそうになっていた花二輪を花器に投げ入れ香りも楽しませてもらっている。母が好きだった。葬儀の時を思い出す。胡蝶蘭とカサブランカ、ブルーのトルコキキョウ。父が母の好きな花ばかりを生前おつきあいをしていた花屋さんに注文したから。あれから毎年、庭のカサブランカが咲くと母の香りのような気がする。
DSCF1324.JPG
posted by 丸山 陶李 at 23:07 | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17316295
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック