2008年06月03日

欲しい!

私の李朝コレクション・陶磁器コレクション
骨董少女と呼ばれた数十年前から始まって、
大詰め、という感じです(笑)。

今日は帰宅したら郵便ポストに、「鍋島の皿を購入してくれないか」と、コレクターからの手紙が届いていた。
鍋島を購入する気もないが、価格を見てさらに驚き。
軽く一千万を超えている!

コレクターの方から、購入依頼が来ることも今までにも度々あったけれど、こんなに高額なのは初めてです。

陶芸家なんて貧乏しながら作陶してる人が多いのにね。
でも、貧乏ながらも「良いモノ」を、ご飯を食べなくても手元に置きたくなる人が陶芸家には多いということを知っているんでしょうね(笑)。

また、コレクターの方が購入した陶器の鑑定依頼も何度か依頼されたこともあるけれど、画像が悪くて判断に困るものが多かった。せめて写真を送るなら、大判で鮮明なものを撮影角度を変えて数点は送って欲しいものである。
実物を見なくとも、画像が良ければ、ある程度判断はできることが多くなってきたが、これは昨今のデジカメの性能が格段にアップしているから。

完品を求める骨董好きな方が多い中、
作陶の参考になるものや、陶片などを収集してきたので
完品のものは、ほとんどないのが私らしい(笑)。

骨董を見に行っても、最近は「欲しい!」と思うものも少なくなり、
「連れって行ってよ」と語りかけてくる品物も滅多にない。
たまに、「連れて帰って?」と語りかけられても、
「ごめんね、連れて帰れないよ」と諦めざるを得ない事のほうが多いかも(笑)。

陶磁器と同時に李朝の木製品にも、とても惹かれて
家具類も増えてしまったけれど、もう置き場所が・・・。

そのような状況で、久しぶりに「欲しい!」と思わされたモノが出てきた。

これ
何だかわかりますか?

richokawara.jpg

手捻りで作られた瓦です。
李朝時代のものです。

時代が下がると、型物になってしまう瓦ですが、
これは、手捻りによるものです。

こういうものが作陶を触発してくれるんですよね。
是非、手に入れたい!と思っていますが・・・。
posted by 丸山 陶李 at 21:14 | TrackBack(0) | 高麗・李朝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15664371
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック