2008年05月26日

Orange peel

orange.JPG

pitouさんから、手作りのOrange peelが届きました。
ショコラで包んだOrange peelも、贅沢な味わいです。

Orange peelのフレッシュな香りが口に広がります。

pitouさん、ごちそうさま!そして、ありがとう♪

なぜか、美味しいものを口にしながらも最近よく考えてしまうことがあります。

昨日のブログに書いた犬猫・ペットの命。
もちろん人間の命。
昨今の政治では容赦なく弱者切捨てが明白になっているし、
こういう「命」に対する意識の低下が恐ろしくも感じられるのです。

それは、すなわち「人権感覚」の希薄さから来ているのではないかと。

人権感覚とは、命に対する畏敬ではないのかと。

インドのマハトマ・ガンジー首相は生前、こんな言葉を残しているそうです。

「国家が偉大であり、道徳的に進歩しているかどうかは、 動物の取り扱い方によって判断される」

飛躍しますが、人の扱いについても、同じことが言えるのではないでしょうか?社会生活の中でも、たびたび感じることがあります。

人間の扱いについてさえ、感じることですから、ましてや犬猫・ペットとなれば二の次ということは容易に想像できることです。

人間って何て、わがままな生き物なんだろう。

自己都合で、命さえ抹殺しようとする生き物って、この世界には人間以外には存在しないのではないだろうか。弱肉強食の世界でさえ、無為に殺し合いなどしないだろう。

「安楽死」と聞こえが良い言葉で、動物を抹殺しているが、その実態は、注射によって、静かな死を迎えられるモノは、ほんの一握り。

実態は、「炭酸ガス」のガス室に押し込まれ、もがき苦しみ、恐怖でオシッコをジャージャーもらしながら殺されている。年老いた動物は10分程度、若い動物では30分から1時間も苦しみ、もがき続けて抹殺される。

迷子や捕獲されて保健所に持ち込まれた犬猫は、飼い主が探しにくるかも知れないので、多少の猶予があるが、飼い主によって持ち込まれた犬猫は、三日を待たず抹殺されるという事実。引き取り手がいないことが明白だからだ。

人間が幸せになる道は、相手を知り「共存・共栄」していく道を模索することではないのだろうか?

人間のエゴが、人間の作り上げた社会、政治、行政、個人の感覚などで、ひときわ目につく昨今である。

コレが実態。

追伸:pitouさんと私の同窓である、元TBSアナウンサーの川田亜子さんが自死されました。
彼女のブログには、
『花は盛りに、つきはくまなきをのみ見るものかはとかいへるは、いかにぞや。』
兼好法師が徒然草で、「花は盛りの時のみ、月は曇りなく輝ている時のみを見るものであろうか。そうではない。」と。。。 今宵はかけていく満月を堪能しますか。。。。

と綴られています(5/21)

深いところで、悩み苦しんでいたことが伺われます。
ご冥福を心よりお祈りいたします。









posted by 丸山 陶李 at 11:39 | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15356746
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック