2008年03月27日

良い勉強になります

私が陶芸家だと知っている会社の方が、
何冊か新刊を貸してくださったのですが、

そのうち二冊を紹介します。
「高麗茶碗」
「井戸茶碗の謎」

どちらも、韓国の陶芸家・申翰均さんの編・著。

通勤電車の中で、今は「井戸茶碗の謎」を読んでいますが、
面白い!です。

井戸茶碗のことは、ちょっと置いておきますが、
日本と韓国の土壌の違い、つまり作陶するにあたっての土について、さすが陶芸家の著だけあって、深く考察しています。

ほほ〜!と思ったのは、
韓国の現代陶芸家は、韓国では蛙目(ガイロメ)や木節粘土(キブシネンド)が出ない(実は、会寧方面にはあるのですが、南北別れている現在、身近ではないとの事)ので、日本から輸入して使っている。という文章でした。

陶片からの考察や、韓国の伝統や文化・風習にまで及ぶ考察は、興味が尽きません。

大変良い勉強になっています。
大切な本を汚すといけないので、早速Amazonに注文もしました。

41jDeI0n1eL._SS500_.jpg 41GaSic3MdL._SS500_.jpg

以下、Amazonでの紹介文です。

内容紹介

井戸茶碗は雑器? それとも神のための器?

秀吉や利休を魅了した井戸茶碗は、時を経て日本の国宝となっている。しかし、井戸茶碗には「謎」が多い。いまだ窯すら限定できず、韓国では同種のものさえ発見されない。
韓国の陶工が日韓を往復し、探し求めた「井戸茶碗の正体」。実作者でなければ語ることのできない、歴史ミステリーにして、もうひとつの日韓文化史。
posted by 丸山 陶李 at 21:53 | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13217649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック