2008年03月23日

素敵な出会い

昨日の土曜日。
取手駅前の DiningBar『PAPE-ETE』でセッションに参加しました。

ご近所だし、気軽にお料理を楽しめるお店として、これからも寄らせていただこうと思っています♪
今度はワインをいただきたいな。


セッションは・・・
自分で演奏する楽譜のコピーをメンバー分用意して行く事を知らなかったので(赤坂でのセッションは、飛び入り参加OK!で楽譜を持っていかなくても楽しめる)。メンバー分(何部いるかの提示もないまま・・)「近くでコピーしてきてください」とか、「セッションは、そうするもの」とのホストの言葉にカチン!と来た。いきなりモチベーション下がりました。(事前に、参加表明している人には、伝えるべきことだよね?誰もがセッション参加経験豊富な人というのではないのだから。)

でもオトナな私は、「そんなの関係ねぇ(笑)セッションは楽しまなくちゃ!」と楽しんできました(笑)。
でも、モチベーション下がっての演奏だから、やりにくかったな。演奏の時って、気持ちが萎縮しちゃうと、楽しくないし、音も当然よくない。これは場数踏んでないとね。

_DSCF2258sfb.jpeg

ブツブツと書きましたが(笑)、
セッションで、とても素敵な出会いがありました♪
プロのヴァイオリン奏者「高橋卓也」さん、が参加されていたのです。素敵なのに力強い、かつ冷静な演奏でした。
「演奏会」で、じっくり拝聴するのが楽しみです。

昨日、最後に演奏してくださった「Spain」。
実は、この曲、私がmixiファンクラブを作って応援している”イ・ソンギュン”が出演した「The Customer Is Always Right」のテーマ曲としてBGMで流れてくるのです。
その曲を、素敵な高橋さんが演奏してくださった偶然!

また、ご近所の、バッハ大好きなヴァイオリン弾きさんと、お知り合いになれて、これも素敵な出来事でした♪

桜の開花宣言も、ありましたね。
今年は、どんな桜の思い出ができるかな。





posted by 丸山 陶李 at 20:27 | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13028350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック