2008年01月27日

白一考察

粉引や白磁など白い陶磁器のフォルムは、白いが故にごまかしがきかない。

パーフェクトなフォルムにしろ、歪んだフォルムにしろ、素のままで存在を訴えてくる。

私は、パーフェクトなフォルムも、歪んだフォルムも、どちらも好みではあるけれど、白という色が持つ様々な感覚・感触に惹かれる。

言葉で表現すると白という一文字ではあるけれど、白が含有する色合いは実に様々であり、白からイメージングされ、触発されるものも多々ある。

高校時代に惹かれたユトリロの白は、パリの街の壁面を暖かなものに感じさせてくれた。複雑な色の重なりや削げに寄って白一色のなかに、ほんのりとピンクやベージュなどが見え隠れしていた。

美術の授業で油彩画の模写をした時、私はユトリロのパリの街角を描いた作品を選んだ。原画を何度も見つめているうちに、ユトリロの白は、複雑な色の重なりであることに気づき、それから白の表現にはこだわるようになった、と記憶している。

以来、数十年経過した今も、白という色には特に惹かれている

陶芸家となるきっかけとなったのも、中学時代に出会った志野(桃山時代の日本の陶器)の白い色と風合いに、とてつもない魅力を感じたからである。

その後、志野との出会いから、大学時代には李朝の陶磁器へと発展し、李朝白磁から、特に李朝前期を代表する粉青沙器の粉引へと導かれていくことになる。

パーフェクトなフォルム良し。
歪みをもつフォルム良し。


白という色は、凛とした中にも、母性のような赦しを備えた包容力を持っているように感じている。

李朝白磁の魅力の一つには、現代の白磁にはない、半磁器質な柔らかい胎土を用いているが故に、パーフェクトな美の中に、茫洋とした暖かさを感じさせられることがあると思う。

粉引についても然り。
真っ白な陶器でありながら、たっぷり掛けられた白泥にねっとりとした当時の透明釉が掛けられ、比較的低めで焼成されたが故に、柔らかさを持つ陶器となっている。


近寄りがたいパーフェクトな真っ白い陶磁器のイメージとは一味違う、傍に置いて語り合えるような愛くるしさを持っている。

こうして考えてみると、私達人間は不完全であるが故に、パーフェクトにあこがれつつも、不完全な中に居心地の良い、心地良さを求める存在なのかもしれない。

私の粉引の提灯壺。
ほんのりと薄紅色の御本が現れていて、自画自賛だが、白一色ではない複雑な白にユトリロの白のように惹かれるものがある。

kohiki-tubo-s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 14:24 | TrackBack(0) | 夢は枯野を
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10090788
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック