2011年05月31日

水(乙)土 スウルト

多くの学びと恵みをいただいた韓国の旅だった。
今週は、一度テスト窯(ガス窯)を焚いてみようと思っている。
頭の中を、リセットして、一から考え直してテストしてみたいことがある。

頭洞里の井戸茶碗に使われていた釉薬原料の「水(乙)土」
mizutsuchi.jpg

この土を見ていると、長石を用いた釉薬ではなく、土と灰による釉薬を試したくなる。
灰も、木灰と貝灰(再び)・・・。

もう一つ。
長石そのもののテストだけれど、昨年テスト焼成してみたら、
高麗青磁の雰囲気が感じられたことと、生焼けの高麗青磁の陶片を虫眼鏡で見ていると、
この長石の溶け方と似ているところがあるので、なるべく持ち味を生かした調合にして、
再度テスト焼成してみたいものがある。

なんだか、轆轤を挽いている時以外は、頭の中が忙しい。
試してみたい調合、試してみたい原料、テストしたものを生かすために再テストしたい原料、等々。
陶片を眺めながら考えていると時間が経つのが早すぎて、テストしたいことが山盛り。
テストして少しずつ整理したい。

結局、これらは私の中では、繋がってくるのだけれど。
粉青沙器や高麗青磁や高麗茶碗、井戸茶碗へと。
ああ、もう一つ。黒高麗の釉薬テストもすすめたい原料がある。

頭洞里の土
ido-tuchi.jpg

7月には、もう一度、韓国へ飛んでみる。
今日、崔先生から電話をいただいて、頭洞里で予定されていた井戸茶碗の資料館開幕セレモニーが市長のスケジュールで10月に延期となったそうだ。
私は7月の陶芸講座の日程を調整してしまったので、空いている週ができてしまった。
これを機会として、一週間ほど頭洞里に滞在して、井戸茶碗の土や釉薬について、さらに確かめて、学びたいと考えている。
posted by 丸山 陶李 at 18:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2011年05月27日

蹴轆轤な日々

韓国・聞慶市の「聞慶伝統茶碗祭り・国際交流茶碗展」での感想。

聞慶の地元陶芸家たちは、この茶碗祭りに出展するには、厳しい制約を課せられている。

1.聞慶で制作して三年以上であること。
2.聞慶伝統のマンデンイ窯(登り窯)で薪窯焼成をしていること。(ガス窯や電気窯で焼成している陶芸家は、この時点で出展できない。)
3.茶碗を制作していること。


インターナショナル茶碗交流展に招待された作家にも、制約はあった。
1.茶碗を制作していること。
2.書類(茶碗・作品画像を含む)選考による審査。


昨年・おととしと二年連続で日本から出展した菊池勝太郎氏は、信楽と三島、黄瀬戸の作品をメインに作陶なさっており、洞爺湖に窯を構えている。氏の陶房にもお邪魔したことがあるし、同じギャラリーに作品を納品していた関係で、よくお目にかかった方である。菊池氏の作品は完売で、地元の陶芸家たちよりも売上が上回ったということを、毎年日本人の作家の通訳をしていらっしゃるボランティアさんから耳にした。

私は、何かわからないが、初日から肌で聞慶市関係者や地元陶芸家たちから、日本の作家への熱いまなざしを感じていた。

10日間あまり、毎日、地元陶芸家や招待されたインターナショナル陶芸家たちと親睦を深める中で、二、三感じることがあった。
まず、海外から招待された陶芸家たち。フェローの称号を与えられている陶芸家から、各国で後輩の指導にあたる教授クラスの陶芸家ばかりだ。年齢もそれなりに「若手」とは言えない熟年陶芸家がほとんどだった。

海外では、釉薬の研究と薪窯焼成にかなりの重点がおかれているように見受けられた。
美しい釉薬と美しい完璧なフォルム。
ひとつひとつの作品からは、存在感も感じられるし、立派な作品だと思うものが多かった。

決定的なことは、「茶碗」としての「手とり」「土味」が全くと言ってよいほど、無視されていた。
土さえ変えれば、「茶碗」としての命も息吹を感じられるものになるだろうに、と直感するものが多かった。

とにかく「重い」。ある意味、「茶碗」の形をとった「オブジェ」にようにも思えた。

中には、手とりも土味も、良い茶碗もあった。所謂「アメリカ志野/Western style Shino」の真っ赤な作品、それなりに良いのだが、日本の志野の味わいには、程遠い。「別物」だと思った。茶陶としての感性が相当違う。この点は、伝統や文化の背景からすれば、致し方がないのだろう。海外での「志野」の人気は爆発的だ。しかし、原材料の違い、茶碗への認識の違いから、私の大好きな志野の風合いとは似て非なるものだった。

このあたりのことについては、土を生かし共存していこうという日本の陶芸家に大して、海外では土を制服して表現する美とでも言おうか、大きな違いが存在していた。日本の陶芸も昨今は種種雑多の表現が見られるようになっているので、良し悪しというよりも、好みの問題だろう。

ただ、「伝統茶碗」というテーマに関して言えば、「茶碗」の精神的バックグラウンドがないまま茶碗を作陶しているということには、違和感を感じざるを得なかった。

ルームシェアしたイスラエルの女性陶芸家に、「茶碗には宇宙があり、人間の魂が垣間見られる。精神的な世界が茶碗だ。」という話をベッドにもぐりこみながら話した時、彼女は「ヨーロッパの陶芸家は、そういうことを全く考えていない。その話を他の陶芸家にもしたら、勉強になると思う。私たちは茶碗の精神的背景を全く知らないから。」と言った。

会期中、午前中には著名陶芸家や古窯跡、芸術家や博物館を毎日訪問するスケジュールだった。とても勉強になった。行く先々で、古い陶磁器や手にいれた陶磁器の良し悪しに関して、皆、次第に私に鑑定(?)を依頼するようになって行った。(笑)。

午前中、聞慶作家の陶房を訪問した時のヒトコマ。
touri-mungyeong-s.jpg

茶碗を作ろうと思う陶芸家は、まず「土」選びから始めるだろう。
それほと、茶碗において「土味」は大切なモノでもある。
その「土味」をまったく考えずに茶碗を作るというところに、西洋と日本の陶芸に対する、茶碗に対する感覚が違うということが最大の相違だった。


海外は海外で、さかんにワークショップも開催され、釉薬の研究も凄まじい勢いである。化学的な計算による調合にも軍配があがるだろう。

私のように、天然の灰、天然の材料、土味を生かした単純な茶碗作り、それは聞慶の陶芸家たちにも失われつつあることだった。聞慶の陶芸家のほとんどが、市販の土を用いている、自然灰の美しい流れ(特に粉青沙器や高麗青磁)を伝統的に受け継いで行こう、という点が失われつつあり、残念だったことのひとつである。

聞慶の陶芸家の中にも、若手・中堅の方で、味わいのある茶碗をつくっている方がいた。
やはり、土を吟味し、灰釉の美しさを知っている方だった。

粉青沙器の美しい灰釉の色が、現代作家のどこにも見ることができなかったのも残念なことだった。

地元、聞慶陶芸家による蹴轆轤のコンペティションも開催された。
電動ロクロを主に利用している陶芸家は苦戦していた。
大壺を蹴轆轤で一気に挽き上げる実力、轆轤の技術、さりげない李朝の蒼華や鉄絵。本場ならではの素晴らしい技術をたっぷり拝見した。
IMG_2911s.jpg

しかし、今回の招待、旅については、先輩陶芸家のみなさんから学ぶこと多く、また古窯跡や博物館などでも、収穫はたくさんあった。収穫したことを身に取り入れるべく、帰国後、土に向かっている。

帰国後、一番の大きな変化は、電動ロクロを使わなくなったこと。
毎日、茶碗を蹴轆轤だけで挽いていること。
これも収穫のひとつでしょう。

私のブースでの販売は、土味を全面にだしたぐい呑みや盃は完売でした。
初日から、粉引や鼠志野のぐい呑みは、私がいない間に売れてしまい、作品の写真を撮影していなかったので、後の祭りです。。。
最終日に、目をつけていた作家のブースに人々が訪れます。
そして、一気に作品は人の手に渡っていきました。

興味深い結果が一つ。それは、筒茶碗の形は韓国ではご飯入れの形であり、茶碗としては全く人気がありません。高麗茶碗の伝統を再現しようと茶碗に並々ならぬ力を入れて伝統を次世代に引き継いで行こうとしている聞慶では特に、高麗茶碗の形が好まれている。筒茶碗を持ってきた海外の陶芸家は販売には苦戦しておりました。

伊羅保では有名な作家さんの茶碗、見込み。この茶碗が欲しかったけれど、手がでませんでした。。。
小さな一輪挿しを思い出に購入し、茶碗は写真だけ撮影させていただきました。
IMG_2446s.jpg

土味をさらに生かすために、蹴轆轤で挽いた茶碗や小壺(昨晩挽いたもののみ)。
002s.jpg
posted by 丸山 陶李 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2011年05月22日

聞慶窯・千漢鳳先生「高麗茶碗」再現に生きる

Mungyeong potter Doncheon "Chun, Han Bong" His Life!

十数年前、私は茶道の先生のご紹介で、千漢鳳先生の札幌展示会に伺った。
その時、「いつか先生の窯場に伺わせて勉強させてください。」と申し上げると、
先生は、ご自分の名刺をお出しになり、
「せっかく来ても、留守にしていたら申し訳ないから、来る時には、ここに電話してください。」とおっしゃった。
いつか伺おうと願いながら、月日は流れて言った。

今年「聞慶伝統茶碗祭り」に招待され、私は千漢鳳先生と再会した。
先生から直接招待されたのではないが、ご縁を感じた。
聞慶ではTV局や大学からインタビューを数回受けたが、私は特に李朝の粉青沙器の美しさ、
高麗青磁の美しさについて語らせていただいた。

高麗茶碗再現にかけた一生と言っても過言ではないだろう。
千漢鳳先生は、日本に生まれ、国宝「喜左衛門」に感動し故郷の聞慶に帰国してから、サバルと高麗茶碗を中心に作陶し続けてこられた。
「いまだに心を打つ井戸茶碗ができない。」と先生は謙虚に語る。

私のブース(インターナショナル茶碗交流)に会期中何度も足を運んでくださった。
そして、最後の日、午前中皆で先生の陶房を訪問することができた。

あれから十数年、補聴器をつけ、杖をつく先生の姿に歳月の流れを感じた。
同様に私も年を重ねた。
先生の作品展にお邪魔した後、主催者が先生の作陶光景が収められたビデオを拙宅に届けてくださった。
何度も何度も、繰り返し先生の轆轤成形や、釉薬の色、土の作りを拝見し、私は独学の学びを続けてきた。

その先生に再会し、多くの激励をいただいたことが、ことさら嬉しかった。
「日本に帰ったら、あなたの作品のカタログを送ってください。」そう仰ったので、
先日、写真集を先生に送付した。

私の青井戸茶碗をご覧になり、何度も手にとって、
「これを見て、ハッとした。思わずこの茶碗に目がいった。」
「これは大変なことになるかもしれないので、今のうちに買っておいたほうが良い。」これは冗談だろうと思うが(笑)。「聞慶伝統茶碗祭り」の中で「東日本大震災チャリティ・オークション」が開催され、私は二点茶碗を寄付したが、その一点の「枇杷茶碗」を先生のお嬢さん(千慶煕さん・二代陶泉)が落札してくださった。

帰国して先生にご挨拶の連絡を差し上げたが、
今日再び、先生の映像をYoutubeで拝見し、改めて尊敬する師に出会えたことに感動している。
千漢鳳先生は、このたびの東日本大震災にも日本赤十字を通して一千万円の寄付をしてくださった。
そんなこともさりげなく「ヨン様が十億円寄付したのだから、私も一億くらい寄付しなければと思ったけれどね・・・」と仰る。最近は、ペ・ヨンジュンさんが先生の陶房に泊まり込み陶芸修行をなさったとか。

私は、枝葉末節には全く興味がないのだが、千漢鳳先生の高麗茶碗にかける生き方と、温かく分け隔てのないお人柄に深く尊敬の念を抱いている。

2011/5/5 聞慶伝統茶碗祭り会場で
chunsensei.jpg
posted by 丸山 陶李 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2011年05月13日

聞慶伝統茶碗祭り閉会式と茶会

New ZealandのElena Renkerが、閉会式の写真をfacebookにアップロードしてくれました。
初めて招待された陶芸家だけ、「感謝状」を聞慶市長からいただきましたが、
Elena Renkerは、今回で四回参加しているので、閉会式の模様を彼女の座席から撮影してくれました。
224373_201998226504775_100000837976303_490031_1060157_n.jpg

こちらは、中国から参加したChen Chingが、同じくfacebookにアップロードしてくれた、聞慶の茶会の写真です。
228586_1833014956666_1579189783_1759538_5726550_n.jpg

昨日、帰国しました。
ハードスケジュールだったので、少し疲れていますが、収穫の大きさに感動冷めやらず・・・です。
資料や、荷物の整理をしながら、今日は、蹴轆轤で土を挽きました。
これから少しずつ、ブログに聞慶や金海での写真を紹介してまいります。
posted by 丸山 陶李 at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2011年05月10日

Dream comes true! from Korea

Today I visited DO DONG RI.
There is a one of famous old kiln in Korea.
My dream comes true!!
I was very excited today, because I get a very very wonderful chance to learn about Ido-teabowl.
During about 8 hours, I speak a potter who lives in DO DONG RI.
Professor YU san introduced to me one of the potter who lives in DO DONG RI.
Today I can not use Japanese on my PC. so, sorry.
When I will go back to Japan, I would like to write about DO DONG RI.
Now, I introduce a peace of Ido-teabowl by a photo.

ido.jpg

posted by 丸山 陶李 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 井戸茶碗

2011年05月09日

聞慶便り3

8日間の「聞慶伝統茶碗祭り」が閉幕しました。
昨日は、好天に恵まれ、閉幕式が野外で開催されました。

閉幕式の始まり・・・
今回、初めて聞慶市から招待された各国の陶芸家には「感謝状」の贈呈式があり、私もいただきました。
55-4.jpg

閉幕式の前、午前中に聞慶の陶芸家と各国から招待された陶芸家の合同写真を撮影しました。
集合中のワンショット。
55-2.jpg

朝一番に千漢鳳先生の陶房の見学に皆で伺いました。
ペ・ヨンジュンさんの写真が・・・。
55-3.jpg

聞慶の陶芸家のブースでUSから参加したロバート・フォーネルさんと。
55-1.jpg

世界各国の陶芸家と、抱き合って再会を約束し、今朝みなさんはソウルに向かいました。
私は、これから釜山方面に向頭洞里の井戸茶碗の窯跡を訪ねる予定です。

東日本大震災へのチャリティ・オークション。世界各国の陶芸家の作品は完売しチャリティ・オークションも終了しました。
posted by 丸山 陶李 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2011年05月06日

聞慶便り2

聞慶から、今日の画像をアップします。
今朝は、聞慶伝統の窯「マンディ窯」の古い窯跡を訪問しました。
musium4.jpg

こちらは、陶房です。ここで仕事できたら最高です!と思いました。今は使われていませんが、かつての様子が再現されたまま配置されています。
musium5.jpg

聞慶の「陶芸博物館」です。先日、皆で見学したのですが、もう一度、素晴らしい陶磁器に会いに最訪問してきました。
駐車場の「大井戸茶碗」です。大きいです!(笑)
musium6.jpg

館内の古陶磁や、釉薬・土などのサンプル。もう勉強になるのはもちろんですが、美しい陶磁器に息をのみました。
musium1.jpg

musium3.jpg

musium7.jpg

当時も今も聞慶で使われつづけている道具です。
musium2.jpg

今晩は、これから歓迎会があります。
会場では、毎日、蹴轆轤や電動轆轤のデモンストレーションがあり、ビデオも撮影してありますが、またアップします。

マンディ窯の古窯跡の光景。
musium8.jpg

たくさんの素晴らしい陶磁器。たくさんの陶工たち。毎日、勉強にもなり、とても充実した毎日。
昨日・今日は、「東日本大震災」のチャリティ・オークションが開催されました。

ではまた。




posted by 丸山 陶李 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連

2011年05月03日

聞慶伝統茶碗祭り

韓国聞慶市の茶碗祭りに来ています。
なかなか、こちらの様子を紹介できなくて、残念に思っていました。
今日の写真を数枚、紹介します。

十年ぶりにお目にかかった千漢鳳先生が、今日は奥様と再訪問してくださいました。
senkanho.jpg

そして、務安から聞慶まで5時間かかったそうですが人間国宝の金先生が奥様といらっしゃいました。
kim-muan.jpg

国際コンペの会場です。
こちらで、東日本大震災のチャリティ・オークションへの茶碗も展示しています。
conpe.jpg

今朝、聞慶市の金正玉先生の窯出しにも伺いました。
短いけれど、聞慶から報告します。
おやすみなさい。
posted by 丸山 陶李 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸・個展関連