2010年09月27日

丸善特撰 工芸・絵画芸術祭の動画

丸善特撰 工芸・絵画芸術祭の初日の様子を撮影したものですが、
YouTubeにアップロードいたしました。



三島の作品(Pieta・鮑鉢・大皿など)→縄文土笛→鼠志野→井戸茶碗(梅花皮と切り放し高台の拡大映像を含む)の順で会場の作品を紹介いたしました。
遠方で、ご来廊いただけない応援を続けてくださっている皆さんに
丸善芸術祭でお披露目致しました「私の井戸茶碗」をご覧いただければ幸いです。

お陰様で、会期も残すところ後二日となりました。
「井戸茶碗・俄羅奢」「Pieta」「鼠志野茶碗」「縄文土笛」等、初展示した作品がお買い上げとなりました。
会期終了後も「私の大井戸茶碗・右近」を目指して精進を続けてまいりますので、今後とも応援宜しくお願いいたします。
posted by 丸山 陶李 at 22:28| 陶芸・個展関連

2010年09月23日

丸善芸術祭始まりました

あいにくに雨模様となり、猛暑の後の気温低下には風邪をひきそうになりながら(笑)、丸善芸術祭の初日を迎えました。

遠方の皆さんより、暖かな花束(器に投げ入れられるように、アレンジメントではなく和花の花束で、ご配慮を感じました。)や祝電が届いておりました。ありがとうございます。

hanataba.jpg

オアゾビルのエントランス、丸善ショーウィンドウのディスプレイです。井戸茶碗を一点、展示しております。

oazoentrance.jpg

丸善ギャラリーの入り口です。
galleryentrance.jpg

ギャラリー内、私のコーナーです。
手前が縄文土笛炭化焼締、中央が三島の作品、一番奥が井戸茶碗を展示しております。
touricorner.jpg

お誘い合わせの上、是非ご来廊くださいませ。
お待ちしております。

posted by 丸山 陶李 at 19:44| 陶芸・個展関連

2010年09月21日

井戸茶碗「ガラシャ」

gratia.jpg

この井戸茶碗を「ガラシャ」という銘にしようかと思案しています。丸善芸術祭で展示する予定です。

釉なだれが、時に激しい面を見せてくれている井戸茶碗です。
口径14.5cm、高さ8.5cm、重さ340gです。
posted by 丸山 陶李 at 20:03| 井戸茶碗

2010年09月18日

井戸茶碗

「私の井戸茶碗」を追究しつつ、試行錯誤してきましたが、既に土・釉薬・焼成・重量・形・大きさなど、私の感触として掴んだのですが、展示する(発表する)には躊躇がありました。

それは、まだ一つ先に、自分で納得のいく井戸茶碗が生まれてくるという予感が常につきまとっていたからです。

丸善芸術祭に向けて、今までの歩みの結果を見ていただければと奮闘したのですが、形・色・重量・大きさと吟味して期待とともに窯焚きした結果、釉薬の濃度が薄かったため、梅花皮を得ることもできず、展示する茶碗には至りませんでした。

2009年1月の窯で生まれた「私の井戸茶碗」から、三点を丸善芸術祭で展示することにいたしました。遙かな旅路のなかでのエポックの茶碗です。今の私の目には、まだ遙か先の「私の大井戸茶碗」が見えています。このたび展示する三点は、途中経過の茶碗でありますが、梅花皮が見事にでて、飛躍となった窯での作品です。

皆様のご高覧をお待ちしております。

丸善芸術祭で展示する井戸平茶碗。
hirachawan.jpg
posted by 丸山 陶李 at 10:52| 井戸茶碗

2010年09月04日

丸善本店「特撰 工芸・絵画 芸術祭」

「個展案内」のページを更新いたしました。

maruzen640.jpg

東京・丸善丸の内本店で
9月23日から開催されます「特撰 工芸・絵画 芸術祭」で縄文土笛や三島手作品など、新作を展示する予定です。

縄文から三島。三島から縄文と、縄文土器や縄文時代について調べるほどに、人間そのものの存在について深く考えることが多々ありました。

是非、ご高覧いただきますよう、お願い申し上げます。

乾燥中の「三島鮑鉢」
mishimaawabi2.jpg
posted by 丸山 陶李 at 10:21| 陶芸・個展関連